JPX5つのポイント

これだけはお伝えしたいJPX5つのポイント

POINT1 受け継がれる渋沢栄一、五代友厚のDNA

明治維新から間もない1878年、後に日本資本市場の父と呼ばれる渋沢栄一らによって東京証券取引所の前身である「東京株式取引所」が、また、商都大阪の発展に尽力した五代友厚らによって大阪取引所の前身である「大阪株式取引所」が、それぞれ創設されました。

左:渋沢栄一 右:五代友厚

私たちJPXは、近代日本の資本市場を切り拓いた二人の意志を受け継ぎ、マーケットを通じた企業への成長資金の供給により、日本経済の持続的な成長に貢献しています。
さらに、今から280年以上も前に世界初の組織化された先物市場と言われる「堂島米会所」を誕生させた、先進的な発想を具現化させる企業文化を今に伝え、常に新たな分野や技術に挑戦し、利用者の利便性向上とマーケットのさらなる発展・拡大に努めています。

堂島米会所跡(大阪)

写真:堂島米会所跡(大阪)

1730年、「堂島米会所」が幕府より認可される。世界最初の組織化された先物取引所が誕生。

設立当初の東京株式取引所

写真:設立当初の東京株式取引所

1878年、渋沢栄一、五代友厚らによって東京株式取引所と大阪株式取引所が設立。

戦後の売買立会の模様

写真:戦後の売買立会の模様

戦争の混乱を経て1949年から株式市場が再開。戦後の日本経済の復興に大きな役割を果たす。

バブル期の株券売買立会場

写真:バブル期の株券売買立会場

1980年代、景気拡大と金融緩和を背景にバブル相場が形成。1989年にTOPIX 2884.80、日経平均株価38,915.87円の史上最高値を記録。

デリバティブ取引開始

写真:デリバティブ取引開始

1985年に国債先物、1988年にTOPIX先物および日経225先物の取引を開始。上場商品の多様化が進展。

日本取引所グループ発足、東証1部上場

写真:日本取引所グループ発足、東証1部上場

2013年1月、東京証券取引所グループと大阪証券取引所が合併し、JPXが発足。日本を代表する取引所運営会社として東証1部に上場。

CLOSE

POINT2 多様なビジネスを展開しています

JPXは、グループ全体で有価証券等の上場、売買、清算から情報配信に至るまで多様なサービスを提供しています。こうしたサービスの対価として、①取引関連、②清算関連、③上場関連、④情報関連などの収益を得ています。

JPXのビジネス構造

営業収益 2015.3月期

ビジネス構造図

CLOSE

POINT3 安定した事業基盤と着実な成長性が特徴です

JPXの特徴は、日本経済の成長とともに着実に成長してきた安定した事業基盤です。
マーケットの拡大が増益につながる収益構造が私たちの強みの一つです。

01 日本の現物株式・デリバティブ取引の中心的市場です。

現物取引・デリバティブ取引の円グラフ図

02 日本経済の発展とともに着実に成長しています。

「東証一部」一日平均売買代金の推移

「日経225先物」一日平均取引高の推移

03 市場の発展とともに業績も拡大しています。

左:営業収益の構造 中央:営業費用の構造 右:当期収益の構造

CLOSE

POINT4 アジアを代表する取引所です

JPXのビジネスフィールドはグローバルです。
世界中の投資家が集い注目を集めるアジア地域においてJPXは最大規模であり、
世界のマーケットの中でも常に高いプレゼンスを誇っています。
日本からアジア、そして世界で成長し続けます。

マーケット図01

マーケット図02

CLOSE

POINT5 私たちが大切にしていること

金融商品取引所としての社会的役割を重視しています

日本を代表する取引所として、皆さまが日々安心・信頼して参加できる市場環境を整備することこそ、私たちが果たすべき重要な社会的役割です。私たちは、この社会的役割を全うすることで、市場の持続的な発展を図り、豊かな社会の実現に貢献してまいります。

市場の持続的な発展を図り、豊かな社会の実現に貢献

取引所市場の流れ

CLOSE