取引時間の拡大

概要

市場参加者ニーズに応えるとともに、デリバティブ市場の取引機会・価格発⾒機能をさらに拡⼤・強化する観点から、取引時間を拡大いたします。

指数先物取引に係る日中立会開始時刻の前倒し

現在の日中取引開始時刻である午前9時以前に発表されている本邦の重要指標に対するヘッジニーズの高まりを受け、指数先物取引(日経平均VI先物を除く)の日中立会開始時刻を午前8時45分といたします。

夜間立会時間の拡大

2007年に午後7時までのナイト・セッション(当時はイブニング・セッションと呼称)を導入して以来、金融取引のグローバル化及びITの進展等を背景にナイト・セッションの利用は拡大の一途をたどり、そのシェアが2015年には34.9%に達しました。
今回の新J-GATEの稼働に合わせ、NY株式市場の取引時間(注)における海外市場動向等に応じたヘッジ機会を提供する観点から、午前5時30分までナイト・セッションを延長いたします。

  • サマータイム時間:午後10時30分から翌午前5時00分、冬時間:午後11時30分から翌午前6時00分

日経平均VI先物に係る夜間立会取引の導入

日本を代表するボラティリティ指数先物である日経平均VI先物について、多様な投資家の参入を目的として、新たに夜間立会を導入します。

各商品の取引時間

新J-GATE稼働後の各商品の取引時間は以下のとおりです(赤塗部分は拡大時間帯)。

次期J-GATE稼働後の各商品の取引時間