オプションの投資戦略

相場環境に合わせた最適なポジション(投資)をオプションの世界では「戦略」=「ストラテジー」と言います。オプション取引では、投資家の予想等によって多種多様な投資戦略を選択することができ、保有する有価証券の価格変動リスクを回避する投資戦略も可能です。
ここでは代表的なオプションの投資戦略を紹介します。

投資戦略 利益 損失
相場観に基づく投資戦略 株価が上昇すると予想 (1) コールの買い 限定されない 限定
(2) レシオ・コール・スプレッド 限定 下落時は限定、上昇時は限定されない
(3) バーティカル・ブル・スプレッド 限定 限定
(4) プットの売り 限定 限定されない
株価が下落すると予想 (5) プットの買い 限定されない 限定
(6) レシオ・プット・スプレッド 限定 上昇時は限定、下落時は限定されない
(7) バーティカル・ベア・スプレッド 限定 限定
(8) コールの売り 限定 限定されない
相場が大きく変動すると予想 (9) ロング・ストラングル 限定されない 限定
(10) ロング・ストラドル 限定されない 限定
相場が大きく変動しないと予想 (11) ショート・ストラングル 限定 限定されない
(12) ショート・ストラドル 限定 限定されない
ヘッジ・ポジション (1) カバード・コール 限定 限定されない
(2) プロテクティブ・プット 限定されない 限定
先物ポジションの合成 (1) 合成先物の買付け 限定されない 限定されない
(2) 合成先物の売付け 限定されない 限定されない

  • 上表で紹介したストラテジーは一例にすぎず、この他にも様々なストラテジーがあります。