日経225オプション

Weeklyオプションとは

大阪取引所は、経済指標の公表や突発的イベントをターゲットとしたよりきめ細やかなリスクヘッジニーズの高まりを受け、2015年5月25日より、毎月第2金曜日の前営業日に取引最終日が到来する従来の日経225オプションに加え、新たに各週金曜日(第2金曜日を除く)の前営業日に取引最終日が到来する「Weeklyオプション」を導入しました。

Weeklyオプションの制度概要(通常限月取引との比較)

商品 週次設定限月取引
(Weeklyオプション)
通常限月取引
取引時間 <日中> 9:00 ~15:15
<夜間>16:30~翌5:30
限月 4限月取引制
(取引期間は5~6週間)
※通常限月取引が設定されている
週を除く
四半期限月(最長5年)
 6・12月限:直近の10限月
 3・9月限:直近の3限月

その他の限月(最長9か月)
 直近の6限月
SQ日 通常限月取引のSQ週を除く
各週の金曜日(休日の場合は前営業日)
各月の第2金曜日
(休日の場合は前営業日)
取引最終日 SQ日の前営業日に終了する取引日
最終決済 SQによる差金決済

 

グローバルにおけるWeeklyオプション

Weeklyオプションは、2005年に米国で上場したのが最初とされ、徐々に取引高を増やし、直近では原資産を同じくするオプションとの合計に占めるWeeklyオプションのシェアはおよそ3割を占めます。日経225を対象とするWeeklyオプションは「世界初」であり、これによりニーズに応じた投資戦略が可能となります。

イメージ

価格情報

日経225Weeklyオプション価格情報icon-block

取引高の推移

Weeklyオプション日次取引高/建玉データ Excel

日々のWeeklyオプション各銘柄の取引状況については、以下リンク先の大阪取引所日報「指数オプション取引」ファイルをご覧ください。

大阪取引所日報

Weeklyオプションの特徴

イメージ

【特徴1】細やかな限月設定!

従来のオプションは1か月に1本の限月取引が設定されているのに対して、Weeklyオプションは1か月に3~4本と、より細やかに限月取引が設定されています。

【特徴2】安価なプレミアム!

オプションの価格は、他の条件(原資産価格や原資産のボラティリティ等)が一定ならば、SQ日までの日数が短くなるにつれて安くなる(時間的価値が小さい)傾向があります。Weeklyオプションは毎週(従来のオプション取引のSQ日がある週を除く)必ずSQ日を迎える限月取引が設定されていることから、SQ日までの日数が短い限月を取引できる機会が多く、価格を安く抑えることができます。

 

これらの特徴から、Weeklyオプションを利用することで、中央銀行の金融政策決定会合等の重要な経済イベントをターゲットとした取引(オプションの買い取引)が従来よりも安くできる可能性が高まります。また、オプションをヘッジに利用する場合でも、従来のオプション取引を利用する場合に比べ、ヘッジにかかるコストが安くなります。

パンフレット等

日経225Weeklyオプション取引

オンデマンド・セミナー

タイトル 内容 掲載日 視聴
初心者向けオプション講座
2015年5月25日スタート!Weeklyオプションのご紹介
Weeklyオプションの概要についてわかりやすく解説します。 2015/05/15

個人向けインターネット取引取扱い証券会社

日経225Weeklyオプション 個人向けインターネット取引取扱い証券会社

マーケットメイカー制度

流動性を補完するため、マーケットメイカー制度を導入します。制度の詳細については以下のページをご覧ください。

マーケットメイカー制度

【時事通信社】特集ページ

日経225オプション特集 (時事通信社ウェブサイト)icon-block

Weeklyオプション 限月コード設定値一覧

(参考)限月コード設定値一覧

情報ベンダー端末コード

QUICK Bloomberg Thomson Reuters CQG
OPW@ 第1週: WNKYA <Index>
第3週: WNKYC <Index>
第4週: WNKYD <Index>
第5週: WNKYE <Index>
第1週:   0#JNI1W *.OS
第3週:   0#JNI3W *.OS
第4週:   0#JNI4W *.OS
第5週:   0#JNI5W *.OS
JNKY