ミニTOPIX先物

商品概要

東証株価指数(TOPIX)を対象とした株価指数先物取引で、同じくTOPIXを対象とするTOPIX先物を10分の1のサイズに小口化した商品です。

TOPIX先物(ラージ)とは
TOPIX(東証株価指数)

取引単位は東証株価指数(TOPIX)の1,000倍

東証株価指数(TOPIX)を1,000倍した金額が最低取引単位(1枚)です。(TOPIX先物の10分の1)

呼値の単位(値段の刻み)

ミニTOPIX先物取引の呼値の単位は0.25ポイントです。(TOPIX先物の2分の1)

証拠金

ミニTOPIX先物取引もTOPIX先物と同様に証拠金と呼ばれる担保を差し入れて取引を行い、証拠金の所要額はSPAN®を用いて計算されます。

  • SPAN®は、Chicago Mercantile Exchange(CME)が開発した証拠金計算方法です。
  • 証拠金計算に用いるSPAN®パラメーターは、原則として週次で見直されるため、証拠金水準・割引率は変動します。又、商品の組み合わせやポジションの状況によっては、証拠金額の相殺の対象とならない場合もありますのでご注意ください。
  • 実際の証拠金額は各証券会社で計算され、日本証券クリアリング機構が発表するプライス・スキャンレンジ(1単位あたりの最低証拠金額)
日本証券クリアリング機構icon-block

限月

3月、6月、9月、12月のうち、直近3カ月の限月が取引されます。(3限月取引制)

理論価格

理論価格算出式
TOPIX先物理論価格=TOPIX ×e(r-δ)T
 e = 自然対数の底
 R = 金利
 δ = 予想配当利回り
 T = 満期までの日数/365

パンフレット等

個人向けインターネット取引取扱い証券会社

ミニTOPIX先物 個人向けインターネット取引取扱い証券会社

マーケット情報

取引参加者別取引高(手口上位一覧)
取引参加者別建玉残高一覧

マーケットメイカー制度

流動性を補完するため、マーケットメイカー制度を導入します。制度の詳細については以下のページをご覧ください。

マーケットメイカー制度

著作権等

TOPIXの著作権等について