米国・インドの経済概況

NYダウ先物取引及びインドNifty50先物取引について指数の対象国である米国及びインドの経済、株式市場、為替相場の2017/03/13~2017/03/17の動向を掲載しています(毎週第1営業日更新)。

米国の経済概況

米国の国旗

2017/03/13~2017/03/17 の米国経済、株式市場、為替相場(ドル・円)の概況。

経済概況 株式市場 為替/ドル・円

FOMCでは想定どおりに追加利上げを実施


14-15日に定例会合が開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、フェデラルファンド金利誘導目標を0.25ポイント引き上げ、0.75-1.00%のレンジに設定した。一方、参加者の予測中央値は年内あと2度の追加利上げを想定と、前回からは据え置きであった。

もみ合い、FOMC後も方向感は定まらず


もみ合い。週前半は連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとして手控えムードが強まり、上値の重い展開となった。また、原油相場の下落も逆風となった。その後、FOMCでは大方の予想通りに政策金利が引き上げられたが、年内の追加利上げ見通しも残り2回と据え置かれたことで、買い安心感の強まる場面も見られた。ただ、週末にかけては小動きで方向感は強まらず。

下落、金利見通し据え置きを嫌気


反落。14-15日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で市場予想通り0.25ポイントの追加利上げが決定された。しかし、FOMC金利見通し(政策金利予想)は前回12月時点と同様だったことがドル売りを促した。

インドの経済概況

インド国旗

2017/03/13~2017/03/17 のインド経済、株式市場、為替相場(インドルピー・円)の概況。

経済概況 株式市場 為替/インドルピー・円

二つの物価指標はともに加速、利下げ期待は後退


2月の消費者物価指数(CPI)と卸売物価指数(WPI)はともに前月から加速し、WPIは約39カ月ぶりの高水準を記録した。これに伴い、利下げ期待が大幅に後退。野村インターナショナルは最新リポートで、インフレ加速を受け、準備銀が利下げを先送りするとの見方を示した。

続伸、経済指標の改善や地方選挙での与党優勢などを好感


続伸。経済指標の改善が好感された。1月の鉱工業生産や製造業生産高の増加率はともに前月を上回った。また、地方選挙での与党優勢も構造改革の一段前進期待を高めた。このほか、米利上げペースの加速懸念の後退がインドなど新興国からの資金流出懸念を緩和させた。一方、利下げ期待の後退が指数の足かせとなった。

弱含み、円高進行などが圧迫材料



弱含み。円高進行を受け、対円為替レートは下落(ルピー安)した。また、米利上げの実施も圧迫材料。一方、ルピーの下値は限定的だった。外国人による株式の買い継続がルピー需要を押し上げた。また、経済指標の改善や株式市場の上昇も支援材料となった。

Nifty 50について

Nifty 50はインドを代表する株価指数で、インド・ナショナル証券取引所に上場する銘柄のうち、時価総額、流動性、浮動株比率等の基準を用いて選定した50銘柄の株価を時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

現在の指数値(National Stock Exchangeサイト)icon-block
ファクトシート PDF
ヒストリカルデータ Excel

海外株価指数先物取引

NYダウ先物
インドNifty50先物

個人向け取扱い証券会社

NYダウ先物取扱い証券会社
インドNifty50先物取扱い証券会社

オンデマンド・セミナー

NYダウ先物セミナー

バックナンバー

2017/03/06~2017/03/10分 PDF
2017/02/27~2017/03/03分 PDF
2017/02/20~2017/02/24分 PDF
2017/02/13~2017/02/17分 PDF
2017/02/06~2017/02/10分 PDF
2017/01/30~2017/02/03分 PDF
2017/01/23~2017/01/27分 PDF
2017/01/16~2017/01/20分 PDF
2017/01/09~2017/01/13分 PDF

フィスコについて

株式会社フィスコとは、最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団です。

免責事項等のご注意

このページに掲載されている情報は、株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)から情報提供を受けています。情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性、完全性、有効性及び即時性又は適時性について保証されるものではありません。また、情報の正確性および信頼性を調査確認することは、株式会社日本取引所グループ(以下「当社」という)及びフィスコの債務の内容には含まれていません。
万一、この情報を利用することによって何らかの金銭的損害、非金銭的損害が発生した場合、または情報の誤びゅう、停滞、遅延、省略、欠陥、中断及びシステム障害などによって金銭的損害、非金銭的損害が発生した場合でも、当社及びフィスコは一切責任を負うものではありません。
掲載内容は、予告なしに変更・削除されることがあります。
このページに掲載される情報の著作権は、当社およびフィスコにあります。このページに掲載される情報は、利用者ご自身のためにのみ利用するものとし、第三者または情報を閲覧している端末機以外の媒体への提供目的で加工、再利用および再配信することを固く禁じます。また、情報の蓄積、編集および加工等を禁じます。
掲載される内容はあくまで参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。最終的な投資判断は利用者ご自身でお願いいたします。