マザーズ上場10年経過後の適応基準

市場選択の概要

上場後10年を経過したマザーズ上場会社は、マザーズにおける上場の継続又は本則市場(市場第二部)への上場市場の変更のいずれかを選択することになります。また、マザーズにおける上場の継続を選択した場合、5年経過するごとに再度市場選択を行う必要があります。

市場選択の概要
  • 時価総額が40億円未満の会社がマザーズへの上場継続を希望する場合においては、市場選択申請書のほか、当該会社作成の「高い成長可能性に関する説明書面」及び、当該会社以外の者であって、企業価値又は株価の評価に係る専門的知識及び経験を有するものが作成した「高い成長可能性に係る確認書」の添付が必要となります。
  • ここでの時価総額は、上場後10年が経過した日の属する事業年度の末日の時価総額又は当該末日の属する月間平均時価総額の低い値を指します。

市場選択期間及び変更上場日について

上場後10年を経過した上場会社の市場選択期間及び変更上場日

マザーズ上場会社は、上場後10年を経過した日の属する事業年度末から起算して3か月経過した日の翌日から10営業日の間に市場選択を行い、市場第二部を選択した場合、当該事業年度末の属する月の翌月から起算して5か月目の月に市場変更となります。

上場後10年を経過した上場会社の市場選択期間及び変更上場日

マザーズに上場を継続することとした場合の再度の市場選択

マザーズに継続上場することを選択した場合、最初の市場選択時期から5年を経過するごとに市場選択が必要となります。

マザーズに上場を継続することとした場合の再度の市場選択
市場選択によるマザーズから市場第二部への市場変更銘柄一覧