かぶオプナビ

プットオプションの売買

プットオプションの買い

プットオプションの買いのポイント

  • 値下がり予想が的中すれば、大きな利益を上げられます。
  • 予想が外れても、損失は限定的です。

では、実際の事例を見てみましょう。

A株は現在2,100円ですが、値下がりすると予想しています。

<1月10日>
 A株の権利行使価格2,000円のプットオプション(3月限)を50円で買いました。
 (A株の取引単位は100株なので、A株を2,000円で100株売る権利の買付け)

予想的中

<3月10日:オプション取引最終日>
  A株は予想どおり1500円に下落。A株の市場価格は1,500円ですが、プットオプションを持っていると2,000円でA株を売却できます。

  (A株売却代金:2,000円×100株=200,000円)
  -(A株市場価格:1,500円×100株=150,000円)
  -(プットオプション購入代金:50円×100株分=5,000円)
  =45,000円を得られます。

  • 売るためのA株を市場から調達する必要があります。

あるいは、その前に利益を確定することもできます(A株を買いたくない場合など)。

<3月1日:オプション取引最終日間近>
  A株は予想どおり下落中。現在、1500円。50円で買ったプットオプション価格も250円に上昇しています。
  この時点でプットオプションを売却すれば、
  (プットオプション売却代金:250円×100株分=25,000円)
  -(プットオプション購入代金:50円×100株分=5,000円)
  =20,000円を得られます。

予想はずれ

<3月10日>
  A株は予想に反して2,500円に上昇。

  この場合、プットオプションの権利を放棄すればよいのです。
  プットオプション購入代金:50円×100株分
  =5,000円のみに損失を限定できます。

あるいは、その前に損失を軽減させることも可能です。

<3月1日:オプション取引最終日間近>
  A株は予想に反して上昇中。現在2,500円。50円で買ったプットオプションの価格も10円まで下落しています。

  この時点でプットオプションを売却すれば、
  (プットオプション購入代金:50円×100株分=5,000円)
  -(プットオプション売却代金:10円×100株分=1,000円)
  =4,000円の損失に軽減。

プットオプションの売り

プットオプションの売りのポイント

  • 株価横ばい or 値上がり予想が的中すれば、オプション料を得られます。
  • (注意)オプションの売りは、予想が外れたら損失は無限大です。

では、実際の事例を見てみましょう。

A株は現在2,100円ですが、しばらく値下がりしそうにないと予想しています。

<1月10日>
  A株の権利行使価格2,000円のプットオプション(3月限)を50円で売りました。
  (A株の取引単位は100株なので、A株を2,000円で100株売る権利の売却)

予想的中

<3月10日:オプション取引最終日>
  A株は予想どおり2,500円まで上昇。

  プットオプションの買い手は、市場価格の2,500円で売った方が得ですから、わざわざ権利行使はしてきません。

  つまり、
  プットオプション売却代金:50円×100株分
  =5,000円を得られます。

予想はずれ

<3月10日:オプション取引最終日>
  A株は予想に反して1,500円に下落。

  プットオプションの買い手が権利行使をしてくると、プットオプションの売り手はA株を2,000円
  で売却しなければならない義務が生じます。つまり、A株を市場から調達しなければなりません。

  (権利行使をされてしまったことによるA株の購入代金:2,000円×100株=200,000円)
  -(プットオプション売却代金:50円×100株分=5,000円)
  =195,000円の現金が必要。

  その後、A株をすぐ市場で売却したとしても、市場価格は1,500円なので、
  195,000円-(A株売却により得られる代金:1,500円×100株=1500,000円)
  =45,000円の損失。

  オプション最終日までに買い戻したとしても、

<3月1日:オプション取引最終日間近>
  A株は予想に反して上昇。50円で売ったプットオプション価格も250円に上昇していたため、
  (プットオプション売却代金:50円×100株分=5,000円)
  -(プットオプション買戻し代金:250円×100株分=25,000円)
  =20,000円の損失。

この例のように、A株の下落が1,500円で留まるとも限りませんし、プットオプションを250円で買い 戻せるとも限りません。もしかしたら、A株の株価はもっと下落しているかもしれませんし、プットプションの価格はもっと上昇しているかもしれません。また、市場の状況によっては、プットオプションを買い戻せないこともあります。

このように、オプションの売りは損失が無限大であることに注意しましょう。