かぶオプナビ

かぶオプって何?

かぶオプとは、「株券オプション」の略で愛称です

例えばソニーやトヨタ自動車など東京証券取引所に上場している株券を対象とした、オプション取引のことです。かぶオプは大阪取引所に上場していて、証券会社を通じて取引できます。

オプション取引ってそもそも何?

オプション取引は「権利」の売買のことです。
例えば、ソニーの株式が3,000円だったとします。今、3,000円の代金を支払って株式を受け取るのが株式を買うということです。
オプションの場合は、このソニーの株式について、例えば「1ヵ月後に3,000円で買う権利」を売買することになります。 実際に株式を買う判断をするのは1ヶ月後なので、オプションの売買時点では株式購入代金の3,000円は必要ではなく、その権利を買う値段分だけ払えばよいのです。手付金のようなものですね。
1ヵ月後になって、もし株価が3,000円以上に値上がりしていたら、その権利を行使して相手から株を買えばよいのです。3,000円支払うのもその時でOKです。
1ヵ月後に株価が3,000円未満のときは、市場でもっと安く買えばよいのです。買うか買わないかの選択権、つまり「オプション」は、買い手のあなたにあるのです。
なぜオプション取引が必要とされているのか、少し見えてきましたね。

ちょっとだけオプション用語

かぶオプの「買う権利」を買う場合、かぶオプを売る人から「株を買う権利」を買うことになります。買う権利は「コールオプション」と呼ばれています。
そして、権利に対して支払う代金を「オプション料(プレミアム)」と呼んでいます。
実は、オプション取引はもう一つ、売る権利を取引することができるのです。これを「プットオプション」と呼んでいます。
オプション取引は実は単純で、コールとプットの2種類しかなく、それぞれに売りと買いがあるだけ。合計4通りしかないのです。