刊行物・パンフレット

一覧に戻る

東証公式 株式サポーター 信用取引編

東証公式 株式サポーター 信用取引編

東証公式 株式サポーター 信用取引編

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

東京証券取引所(以下「東証」という)では、「東証公式 株式サポーター 株式取引編」を発刊し、投資家の皆様に株式の取引制度に関するご理解を深めていただくよう"サポート" しておりますが、投資家の皆様のご要望に応え、「東証公式 株式サポーター 信用取引編」を発刊しました。株式取引編とあわせて、信用取引編も是非ご活用ください。

東証には、日々、多数の投資家の方々から信用取引への質問が寄せられております。この「東証公式 株式サポーター 信用取引編」は、こうした投資家の方々の疑問を解消するため、信用取引担当セクションのスタッフが、東証における信用取引の基本的な仕組み、実践的な知識など、信用取引に関する様々な内容を網羅したQA式ガイドブックです。

信用取引の役割・メリット、信用取引口座設定約諾書の解説、委託保証金の引出し・追証といった基本的な仕組みに加えて、実践に必要な知識として、逆日歩・権利入札など貸借取引制度に関する内容、さらには、日々公表銘柄や信用取引に関する規制など、新聞では目にすることはあっても少々専門的な内容について、投資家の方々にご理解いただけるよう平易な解説に努めました。

今回の改訂版では、直近までの制度改正を完全収録しています。
今回(2013改訂版)の改訂ポイント

信用取引に係る委託保証金の計算方法の見直し(平成25年1月1日実施)について、図表を交えて解説
信用取引に関するガイドラインの見直し(平成25年1月1日実施)を反映
現物市場の統合に伴う制度信用銘柄・貸借銘柄の選定基準の変更(平成25年7月16日実施)について、図表を交えて解説
この本を通じて、少しでも信用取引の仕組み、そして東証株式市場へのご理解が深まればスタッフ一同は望外の喜びです。

ポイント1: 今までの解説書にはない、「仕組みの理解」に重点を置く手引書

第一章 信用取引の基礎
・市場における信用取引の役割
・信用取引を利用するメリット
・信用取引口座設定約諾書の逐条解説 等

第二章 取引の仕組み
・信用取引の発注方法、弁済方法
・信用取引の残高
・委託保証金
・委託保証金の引出し・充当
・追証 等

第三章 実践に必要な知識
・貸借取引
・逆日歩
・権利入札
・日々公表銘柄、信用取引の規制
・証券金融会社における貸株注意喚起通知、貸株申込制限措置 等

ポイント2: Q&A方式、図表により、信用取引の仕組みを平易に解説

定価 864円(800円+税) 発行日 2013年10月01日
判型 B5 頁数 101
 

お問合せ

株式会社東京証券取引所 株式部株式総務グループ
電話:03-3666-0141(代表)