J-GATE3.0稼働に伴う取引制度の見直し等 

投資家や取引参加者をはじめとした市場利用者にとっての信頼性・利便性をより向上し、流動性の向上を図る観点から、次期デリバティブ売買システム(J-GATE3.0)を2021年9月21日(火)に稼働しました。
J-GATE3.0の稼働に合わせて、大阪取引所及び東京商品取引所の取引制度の見直し等を行います。

大阪取引所の制度見直し
東京商品取引所の制度見直し

制度改正のポイント

  大阪取引所 東京商品取引所
取引時間の拡大
  • ナイト・セッションを翌6時まで延長
  • 指数オプション取引の日中立会の開始時刻を8時45分に前倒し
  • ナイト・セッションを翌6時まで延長
即時約定可能値幅制度(DCB制度)等の見直し
  • オープニング・オークション等における即時約定可能値幅制度の導入
  • クロージング・オークションにおける約定可能値幅の拡大(指数先物、指数オプション、商品先物及び商品先物オプションに限る)
  • 寄付板合わせ等における即時約定可能値幅制度の導入
  • 引板合わせにおける即時約定可能値幅の拡大
サーキット・ブレーカー制度(SCB制度)の見直し
  • 各商品の中心限月取引において、呼値の値幅制限の上限の値段又は下限の値段で取引等が行われた場合、直ちにSCBを発動
  • 株価指数先物取引の制限値幅算定基準を当該取引日の呼値の制限値幅の基準値段とし取引日単位で設定
  • 原油について、中心限月取引においてサーキット・ブレーカー幅の上限の値段又は下限の値段で取引等が行われた場合、直ちにSCBを発動
その他
  • フレックス先物取引の導入
  • 新商品の導入
  • 日経平均トータルリターン・インデックス先物取引の開始(フレックス先物取引のみ)
  • CME原油等指数先物取引の開始
     
  • ゴム先物取引の限月取引の数を、新規限月設定日の属する月の翌月から起算した12月以内の各月とする12限月制に変更(現在は6限月制)
    • 原油の取引期限を、新甫発会日の属する月から起算した 15 月以内の各月である15 限月制に変更(現在は6限月制)

    関連ニュース

    • OSE:大阪取引所
      TOCOM:東京商品取引所

    TOCOMウェブサイト閉鎖のお知らせ

    J-GATE3.0稼働に合わせて、2021年9月20日にTOCOMウェブサイト(https://www.tocom.or.jp/jp/)を閉鎖いたしました。TOCOM関連情報の掲載場所等につきましては、以下のページをご覧ください。

    東京商品取引所ウェブサイト閉鎖に伴う掲載場所の変更