ETFの概要

為替変動リスク

当取引所のETFは全て円建てで取引されているため、外貨建ての資産に投資する場合は、株価指数等の価格の変動要因だけでなく、現地通貨と日本円の為替変動を勘案する必要があります。
例えば、1ドル=100円で投資していたドル建ての資産が、投資資産の価格変化がない状態で、1ドル=110円のドル高・円安となった場合、投資しているドル建ての資産を円換算することにより為替差益を受け取ることができます。ところが、1ドル=90円のドル安・円高となった場合は、投資しているドル建ての資産を円に換算すると為替差損が発生してしまいます。
このように、外貨建ての資産への投資には為替変動リスクが存在します。

為替ヘッジとその留意点について

為替変動リスクの影響を低減するための手法として為替ヘッジがあり、為替ヘッジ指標に連動するETFや為替ヘッジを行うETFが上場しています。こうした為替ヘッジが付いているETFでは、外貨建ての資産に投資する従来の取引と同時に、外貨を売って日本円を買う為替予約取引等をすることで、円建ての投資成果については為替変動の影響を低減した値動きを期待することができます。ただし、為替変動の影響を完全に排除できるものではありません。

また、為替ヘッジを行う際、対象通貨の金利差分のヘッジコストが発生します。例えば、日本円の金利が為替ヘッジを行う通貨の金利よりも低い場合、この金利差がヘッジコストとなります。為替及び金利の動向等によっては、為替ヘッジに伴うヘッジコストが予想以上に発生する場合があります。
こうした商品性を理解したうえで投資を行う必要があります。

為替ヘッジ指標に連動するETF又は為替ヘッジを行うETF

現在東証に上場している為替ヘッジ指標に連動するETFはこちらです。各ETFの特性は当該ETFの有価証券届出書や管理会社のウェブサイトで開示されています。

円ヘッジ(円建ての投資成果において為替変動リスクを軽減)

iシェアーズ 米国債7-10年 ETF(為替ヘッジあり)(1482 ブラックロック・ジャパン株式会社)
iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(1496 ブラックロック・ジャパン株式会社)
iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債ETF(為替ヘッジあり)(1497 ブラックロック・ジャパン株式会社)
上場インデックスファンド米国債券(為替ヘッジあり)(1487 日興アセットマネジメント株式会社)
FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)(2512 野村アセットマネジメント株式会社)
MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)(2514 野村アセットマネジメント株式会社)
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521 日興アセットマネジメント株式会社)