<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MS2WRF" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>
home > 清算・決済サービス > 先物・オプション取引 > 取引証拠金 > 証拠金の計算に係るポジション認識期間

取引証拠金証拠金の計算に係るポジション認識期間

証拠金の計算に係るポジション認識期間

SPAN®による証拠金計算においては、商品ごとに証拠金の計算対象とするポジションを認識する期間が異なります。清算参加者は、ポジション申告を行う際には、以下の期間まで、当該銘柄に係る建玉をポジション申告に含める必要がありますのでご注意ください。

商品名 ポジション認識期間 備考
① 指数先物取引、指数オプション取引、商品先物取引(現金決済)及び商品先物オプション取引 SQ算出日の前営業日まで ※ 日中取引証拠金及び緊急取引証拠金については、SQ算出日まで計算対象とします。
※ 権利行使日における対象指数の最終の数値を参照して現金決済されるフレックス限月取引については「②有価証券オプション取引」と同様の取扱いとします。
② 有価証券オプション取引 取引最終日の前営業日まで ※ 日中取引証拠金及び緊急取引証拠金については、取引最終日まで計算対象とします。
③ 国債先物取引(Large取引) 受渡決済日の前営業日まで
④ 国債先物取引(Mini取引) 最終清算数値算出日の前営業日まで ※ 日中取引証拠金及び緊急取引証拠金については、最終清算数値算出日まで計算対象とします。
⑤ 国債先物オプション取引及び商品先物取引(現物決済) 取引最終日の前営業日まで ※ 日中取引証拠金及び緊急取引証拠金については、取引最終日まで計算対象とします。