契約(取引成立)から満期まで

先物取引の契約から満期までの流れに沿って説明しましょう。

契約(取引成立)から満期まで

株価指数は抽象的な数値であるので、指数そのものを受渡しすることができません。 そこで、現実の指数と約定した価格との差額の授受を行うことで、その決済が行われます。
このように、差額を授受することによって決済することを差金決済といいます。
また、先物取引を行ってから、転売・買戻し、または最終決済によって決済を行っていないものを未決済約定といい、未決済約定の数量を建玉(たてぎょく)といいます。
買いの建玉は転売、売りの建玉は買戻しをすることによって決済を行うことができ、満期までこれらの決済を行わなかった場合、特別清算数値(SQ値)で最終決済が行われます。

  • 国債(JGB)先物は差金決済ではありません。

特別清算数値(SQ値)とは

スペシャル・クォーテーションの略です。満期日の決済に用いられる特別清算数値のことで、毎月の第2金曜日の日経平均株価(日経225)構成銘柄の始値によって計算される数値です。通常の日経平均株価(日経225)は気配値段も加えて算出されるため、必ずしも当日の日経平均株価(日経225)の始値とは一致しません。取引最終日まで決済しなかった場合、このSQ値で自動的に決済されます。SQ値はその日の大引け後に大阪取引所が発表します。