TOPIX先物3_TOPIX先物の魅力

TOPIX先物・ミニTOPIX先物の入門シリーズ 3
TOPIX先物取引を行う際のメリット、デメリット(注意点)について解説しています。
(撮影日:2021年6月)

▼内容はこちら▼
・TOPIX先物取引を行うメリット
 東証一部全体の取引ができる、銘柄選びが必要ない、売りからでも取引可能…詳細は動画をご覧ください。
・TOPIX先物取引を行う際のデメリット
 取引を行う際は注意点も理解する必要があります。
 取引最終日があり、株と違って取引期限がある。先物取引であるので追証が発生する可能性がある。
 レバレッジが効いているため、利益が大きくなる時もあるが損失も大きくなる可能性がある。
・各指数の値動きについて
 TOPIX、日経平均株価、マザーズ指数等の値動きを比較します。
・TOPIX先物、ミニTOPIX先物の商品概要
・どのような投資家が向いているか
 一例として以下のような方が向いていると考えられます。
 株価指数を株式や為替のように売買したい方、銘柄選びが苦手な方、下落局面でも利益を上げたい方、下落局面でも利益を上げたい方


TOPIX先物入門動画は全7回のシリーズです。動画は順次公開予定です。

動画の⻑さ:21:37

このページをシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連リンク

ゲーム感覚で取引の練習をしよう!

先物・オプション取引ってどうやって発注するの?取引を体験してみよう!
OSE先物・オプション シミュレーターは、先物・オプションの売買を体験するサイトです。

個⼈向け取扱い証券会社

インターネットを利用し、個人向けに上場商品を取り扱っている証券会社を掲載しています。
※個別商品の取り扱い状況については直接証券会社へお問い合わせいただくか、各社HPにてご確認ください。
※掲載については、了解をいただいた会社のみとなっております。(最大4社をランダム表示)
※クリックすると外部サイトへ遷移します。

  • SBIネオトレード証券
  • むさし証券トレジャーネット
  • 岩井コスモ証券
  • 日産証券
  • フィリップ証券
  • 安藤証券
  • 岡三オンライン証券
  • 松井証券
  • Interactive Brokers
  • 光世証券
  • GMOクリック証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 楽天証券
  • SBI証券