「国際女性デー」 打鐘セレモニー・シンポジウム

一覧に戻る

2019年3月8日、国際女性デー(International Women’s Day)に打鐘セレモニー・シンポジウムを開催しました

3月8日は国連により「国際女性デー(International Women’s Day)」と定められており、毎年、世界の取引所では、女性の活躍を願い打鐘セレモニー(Ring the Bell for Gender Equality)が開催されています。

2019年3月8日、日本取引所グループは、 Ring the Bell for Gender Equality の主催団体であるUN Global Compact(国連グローバル・コンパクト)、UN Women、Sustainable Stock Exchanges Initiative、International Finance Corporation(国際金融公社)、 World Federation of Exchanges(世界取引所連合)、Women in ETFsとともに、東京証券取引所にて打鐘セレモニーを開催しました。

今年は、特別ゲストとして、中根一幸内閣府副大臣をお迎えし、女性がより一層活躍する社会にむけた期待をお話いただくとともに、内閣府の女性活躍推進に関する取組みを御紹介いただきました。打鐘セレモニーには、中根副大臣に加え、日本経済団体連合会 女性の活躍推進委員会企画部会長 中川順子様(野村アセットマネジメント株式会社執行役専務)、UN Women 日本事務所長 石川雅恵様、Women in ETFs Deborah Yang様にも参加いただきました。

シンポジウムの開催

日本取引所グループでは、打鐘セレモニーに続き、上場会社、機関投資家の皆様を対象としたシンポジウムを開催しました。このシンポジウムは、女性の活躍のために、民間セクターのアクションの重要性と、既に取り組まれている具体的な活動を紹介するという打鐘セレモニーの目的を、資本市場の観点から深化させるもので、今年初の試みでしたが、多くの方にお集まりいただきました。

先進企業によるパネルディスカッションでは、女性活躍推進に取り組んでいる上場会社3社の担当者の方から、各社が実際に進めている具体的な取組みについてご紹介いただきました。投資家によるパネルディスカッションでは、女性活躍推進が企業価値に与える影響や、関連する上場投資信託(ETF)市場の拡大、多様性等に関する企業情報の投資判断への組込み等に関して活発に議論いただきました。

プログラム 登壇者
開会挨拶 石川雅恵 UN Women 日本事務所長
先進企業によるパネルディスカッション モデレーター 鷹羽美奈子 MSCI ESGリサーチ エグゼクティヴディレクター
パネリスト  安孫子礼子 株式会社千葉銀行 ダイバーシティ推進部長
       武内和子 株式会社日立製作所 人財統括本部ダイバーシティ推進センタ部長代理
       津田純子 株式会社丸井グループ 執行役員
投資家によるパネルディスカッション モデレーター 北川哲雄 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科教授
パネリスト  井口譲二 ニッセイアセットマネジメント株式会社 上席運用部長
       奥山修 野村アセットマネジメント株式会社 投資信託営業本部            ETFグループ・リーダー
       小野塚惠美 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
             スチュワードシップ責任推進部長
       重本和之 第一生命保険株式会社 運用企画部長
閉会挨拶 Women in ETFs Ms. Debora Yang

 
 
 

お問合せ

株式会社日本取引所グループ サステナビリティ推進本部
電話:03-3666-1361(代表)
E-mail:sustainability@jpx.co.jp