用語集

資本準備金(しほんじゅんびきん)

法定準備金のひとつであり、資本取引によって生じるものです。例えば、会社が時価発行増資を行った場合、株主が払い込んだ資金で資本金に組入れられなかった部分は資本準備金になります。これは、払い込んだ資金の二分の一を超えない額とされています。
なお、資本準備金は株主総会で決議を行えば、資本準備金及び利益準備金の合計額から資本の四分の一に相当する額を控除した額を限度として取り崩すこともできます。