考査計画

考査部では、考査の取組み方針・重点事項等について「考査計画」として公表しています。2021年度考査計画の基本方針及び重点考査項目は以下のとおりです。

基本方針

日本取引所自主規制法人は、市場の公正性と信頼性を守り、その機能の十全な発揮を確保することを目的として、以下の基本方針に基づき考査を行います。

  1. 取引所グループとしての専門性を発揮した考査の実施
  2. 取引参加者の業務及び財産に係るモニタリングの強化による実効的な考査の実施
     (1)取引参加者の業務及び財産に係るモニタリングの強化による取引参加者のリスク把握
       ①各種発生事案等の迅速な実態把握の実施
       ②定期的なコミュニケーションの実施
       ③ターゲットを絞った横断モニタリングの実施
     (2)リスクに基づく考査先の選定
     (3)リスクに応じた深度のある考査の実施
  3. 取引参加者による内部管理態勢の強化に向けた対応

重点考査項目

取引参加者の業務を取り巻く環境及び2020年度の考査の状況等を踏まえ、次の事項を重点考査項目とします。

  1. 不公正取引の防止に係る売買管理態勢の整備状況
  2. システムリスク管理態勢の整備状況
  3. 商品先物取引及び商品先物オプション取引に係る管理態勢の整備状況
  4. 高速取引行為等に係る管理態勢の整備状況
  5. 業務の状況等に応じたガバナンス態勢及び内部管理態勢の整備状況

2021年度考査計画

2021年度考査計画の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

2021年度考査計画 PDF