売買単位の統一

投資家の皆様にとって分かりやすく、より売買しやすい証券市場を目指して。
全国の証券取引所では、企業によって異なる株式の売買単位を100株へ統一します。

東京証券取引所をはじめとする全国の証券取引所では、投資家の皆様の利便性を向上させるため、2007年11月より売買単位を100株に統一するための取組みを進めています。

取組み当初8種類存在した売買単位は、上場会社のご理解とご協力をいただきながら、昨年までに100株と1000株の2種類に集約されており、現在では上場会社の約81.0%が100株単位となっています。

全国の証券取引所では、2018年10月までに売買単位を100株に統一することとしています。
1000株単位である上場会社に対しては、100株単位への移行をお願いするとともに、移行に向けた取組みをサポートしています。

売買単位の統一に関するこれまでの取組みについて
よくある質問と回答について
市場区分別、業種別、投資単位(最低購入代金)別の進捗状況について
上場会社向けアンケートの集計結果について
100株単位の上場会社の比率・社数

2017年4月3日時点
単元変更開示済み企業は100株単位として集計