自主規制業務とは

自主規制は、金融商品取引法(金商法)において定義されており、株式取引をはじめとした金融商品取引の市場運営を行っている取引所に欠かせないものです。また、その業務は調査・審査、処分の決定だけでなく不正の未然防止など多岐にわたり、対象も上場会社、上場を希望する会社、証券会社や投資者の取引など広範に及んでいます。
このカテゴリでは、自主規制業務の必要性・意義、概要をわかりやすく解説しています。