エネルギー事業者のヘッジ取引

東京商品取引所(以下「TOCOM)という)は、エネルギー市場と中京石油市場を開設し、価格変動リスク・ヘッジ手段、価格指標、現物の受渡機能の提供といった産業インフラとしての重要な役割を担っています。
これらの市場機能のうち、主に価格変動リスク・ヘッジについてエネルギー事業者の方にご紹介するため、実例にもとづくヘッジ取引の事例集を作成しました。

事例集 PDF
 

本事例集は特に記載のない限り、2021年9月現在の情報に基づいて作成しておりますが、TOCOM市場における取引ルールを含め、その記載内容については変更される可能性があります。実際の取引にあたっては、最新の諸規程等をご確認下さい。