有報等提出期限延長会社

提出期限延長会社情報

2020年4月17日付で公布・施行された「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令」により、2020年4月20日から同年9月29日までの期間に提出期限が到来する有価証券報告書・四半期報告書については、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、会社が個別の申請を行わなくとも、2020年9月30日までの期間、提出期限の延長の承認があったものとみなすとされていますのでご留意ください。

本来の提出期限が到来している有価証券報告書・四半期報告書について、未提出の会社は以下のとおりです。

未提出の有価証券報告書・四半期報告書
(2020年7月31日時点)
Excel

なお、未提出会社のうち、以下の会社は、新型コロナウイルス感染症の影響とは異なる理由により、提出期限の延長の申請を行い、下記の期限において延長が認められています。

銘柄名 コード 対象 本来の
提出期限
延長後の
提出期限
延長の
理由
承認を
受けた日
ハイアス・アンド・カンパニー(株) 6192 2020年4月期
有価証券報告書
2020/7/31 2020/8/31 PDF 2020/7/31
サクサホールディングス(株) 6675 2020年3月期
有価証券報告書
2020/6/30 2020/9/11 PDF 2020/6/29
  • 東京証券取引所では、有価証券報告書・四半期報告書の提出予定日について、決算短信・四半期決算短信(サマリー情報)への記載を上場会社に要請していますのでご参照ください。上場会社各社の決算短信・四半期決算短信は、下記の「東証上場会社情報サービス」(「東証上場会社情報サービスはこちら」をクリック)に銘柄名や銘柄コードを入力し、「適時開示情報・ファイリング情報」⇒「適時開示情報」⇒[決算に関する情報] からご覧ください。
東証上場会社情報サービス

提出期限延長会社一覧(上場外国会社)

以下の上場外国会社は、企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15の2第4項に規定する「本国の会社の計算に関する法令若しくは慣行(当該者が外国会社である場合に限る。)又はやむを得ない理由により四半期報告書等をその提出期限までに提出できないと認めるとき」に該当するものとして、四半期報告書の提出期限の延長が継続的に認められています。
なお、2020年4月17日付で公布・施行された「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令」により、2020年4月20日から同年9月29日までの期間に提出期限が到来する四半期報告書等については一律に2020年9月30日までの期間、提出期限の延長の承認があったものとみなされています。

銘柄名 コード 本来の
提出期限
延長後の
提出期限
延長の理由 承認を
受けた日
ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド 1773 各四半期間経過後45日以内 各四半期間経過後90日以内 PDF 2013/10/23
メディシノバ・インク 4875 各四半期間経過後45日以内 各四半期間経過後75日以内 PDF 2013/10/29