処分実施状況

大阪取引所は、取引参加者に法令諸規則を遵守することを求めており、これに違反した者に対して、取引参加者規程に基づき過怠金の賦課などの処分を行っています。

年月日取引参加者名違反事由等 OSEにおける
処分
(参考)
OSEにおける措置
処分内容
2019/08/28 シティグループ証券 グループ会社による長期国債先物に係る相場操縦取引を受託・執行するなど、売買管理が十分でないと認められる状況 過怠金2,000 万円- PDF
2018/09/20 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 長期国債先物について、有利な価格でポジション調整を行うことを企図し、他の投資者の取引を誘引する目的をもって、自己の計算において、取引が繁盛であると誤解させ、かつ、本件国債先物の相場を変動させるべき一連の取引及び申込みをする行為 過怠金4,000万円及び金融市場トレーディング部の自己勘定による国債証券先物取引及び国債証券先物オプション取引(ただし、既往の契約の履行に伴う取引等、取引所が個別に認めたものを除く)の停止(3日間)- PDF
2017/07/19 モルガン・スタンレーMUFG証券 有価証券の売買を誘引する目的をもつて、上場金融商品等の相場を変動させるべき一連の有価証券の売買を行う行為 戒告- PDF
2015/09/25 カブドットコム証券 金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況 戒告- PDF
処分内容を決定する際の留意事項