日経225先物

商品概要

日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引です。

取引単位は日経平均株価(日経225)の1,000倍

日経平均株価(日経225)を1,000倍した金額が最低取引単位(1枚)です。

呼値の単位(値段の刻み)

日経225先物取引の呼値の単位は10円。つまり、16,250円など10円刻みの値段で注文でき、10円刻みで相場が変動します。

証拠金

株式投資では、10万円の株式を買う場合、10万円の資金が必要となりますが、日経225先物取引は証拠金と呼ばれる担保を差し入れて取引を行います。株式投資の信用取引と似た制度ですが、信用取引が証拠金の約3倍の金額の取引を行うのに対して、日経225先物取引は証拠金に対して数十倍の取引を行うことができる仕組みになっています。

1単位あたりの例

  日経225先物
証拠金 50万円
呼値の単位 10円
先物価格 16,550円
取引単位 1,000倍
取引金額 16,550,000円
呼値の変動による損益 10,000円

上記の例では、証拠金50万円を証券会社に差し入れることで16,550,000円と証拠金の33倍の取引ができることになります。ただ、このレバレッジ効果は利益の面だけではなく、損失の面でも大きく作用するため、相場の変動によっては現金で証拠金を追加して差し入れる必要が生じたり、証拠金を上回る損失が発生する場合もあります。取引の際はこの点に十分ご注意ください。

  • 上記の証拠金は一例であり、実際の証拠金額は各証券会社で計算され、日本証券クリアリング機構が発表するプライス・スキャンレンジ(1単位あたりの最低証拠金額)の額以上を顧客に求めることになっています。

13の限月が取引されます

日経225先物取引は取引できる期間が決まっています。この満期月を限月(げんげつ)と呼び、株式でいう銘柄にあたります。 日経225先物取引では、3月、6月、9月、12月のうち13の限月が取引されます。
各限月の満期日(SQ日)である第2金曜日の前営業日を取引最終日としています。
取引最終日の翌営業日の日中立会から新たな限月の取引が開始され、各限月の取引期間は6月、12月限が5年、3月、9月限が1年6か月です。

一例として、2016年3月末時点(SQ日以降)で設定されている限月取引は以下のようになります。

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
2016年
3月限SQ日~
6月限取引最終日
3月限
6月限 6月限 6月限 6月限 6月限
9月限 9月限
12月限 12月限 12月限 12月限 12月限
青: 3月、6月、9月及び12月のうち、5年先までの6月と12月の10限月
緑: 3月、6月、9月及び12月のうち、1年6か月先までの3月と9月の3限月

限月図

限月図

理論価格

日経225先物取引の価格は株式と同じように基本的には需給関係で決まりますが、その動きは日経平均株価に連動したものになっています。現在の日経平均株価と比べて、先物は安いのか?高いのか?その一つの目安として日経225先物取引の理論価格があります。

理論価格算出式

理論価格算出式

パンフレット等

著作権等

日経平均株価の著作権等について

関連サイト

日経平均プロフィルicon-block