ETFの概要

ETFの特徴

ETFの特徴

【特徴1】わかりやすい!

  • ETFは、TOPIX(東証株価指数)やJPX日経インデックス400といった株価指数や、金価格などの指標に連動するように、投信会社によって運用されています。
  • 指標の情報はニュースなどで日々報道されていることから、値動きや損益が把握しやすく、また個別株の投資に必要な企業分析も不要なため、初心者でも始めやすい商品です。

【特徴2】分散投資ができる!

  • 対象となる資産に幅広く分散投資しているので、投資のリスクを低減できると言われています。たとえばTOPIXに連動するETFを購入することは、東証一部に上場している全銘柄を保有するのと同じ効果が期待できます。
  • 日本株のほか、外国株やREIT(不動産投資信託)、商品などの指標に連動するものなど、種類も豊富。値動きの異なるETFを組み合せることによって、国際分散投資を実現できます。

【特徴3】少額でOK! しかも、低コスト

  • 個別株の投資では数万~数十万円の資金を必要とするのが一般的ですが、ETFは数千~数万円程度で買えるので、少額から投資を始められます。
  • 運用コストは0.1~1%程度と、インデックスファンドを含む一般的な投資信託に比べて低くなっており、長期投資に適した商品と言われています。売買に関するコストは、上場株式と同じ扱いです。