ETF投資のリスク

ETF投資のリスクには、概ね投資対象の価格変動リスク、信用リスク、その他のリスクがあります。信用リスクについては、銘柄によっては注意が必要です。投資にあたっては、これらのリスクに十分にご留意いただく必要があります。

価格変動リスク

株価指数等の変動

株価指数等は、様々な経済情勢等の影響を受けて、価値が下落する可能性があります。これにより、ETFの価格が下落したり、分配金が減少する可能性があります。(ただし、個別株投資と比較すれば、リスク分散効果があります。)

株価指数等、基準価額、市場価格の乖離

ETFは、その対象となる株価指数等の値動きと、ETFの一口あたりの純資産額である基準価額の値動きが一致するように、管理会社(アセットマネジメント)によって運用される商品ですが、その運用にあたっては有価証券の組入コストが生じることなどから、株価指数等と基準価額の値動きが一致しない場合があります。

また、ETFの取引は、株価指数等と基準価額の水準等を参考になされるものですが、その市場価格は需給状況によって変動するため、基準価額等と市場価格の値動きが一致しない場合もありますので、ETFの取引にあたっては十分ご留意ください。

乖離の状況については、「株価指数等、基準価額及び市場価格」のページでご確認いただけます。

株価指数等、基準価額及び市場価格

信用リスク

ETFのなかには、リンク債やOTCデリバティブ取引に投資するものがあります。これらについては信用リスクが存在します。
詳細は以下のページをご参照ください。

リンク債型ETFの信用リスク
OTCスワップ型ETFの信用リスク

その他のリスク

市場動向の急変時等には、株価指数等に連動する運用が困難になる場合があります。
取引所が定める上場廃止基準に該当して、上場廃止になることがあります。
信託の継続が困難であると管理会社等が判断した場合、信託を終了する可能性があります。