概要

TOKYO PRO Marketの母体となるTOKYO AIM は、2008年の改正金融商品取引法により導入された「プロ向け市場制度」に基づき、株式会社東京証券取引所グループとロンドン証券取引所の共同出資により創設された株式会社TOKYO AIM取引所による運営マーケットとして、2009年6月に開設されました。
当マーケットは、日本やアジアにおける成長力のある企業に新たな資金調達の場と他市場にはないメリットを提供すること、国内外のプロ投資家に新たな投資機会を提供すること、日本の金融市場の活性化ならびに国際化を図ることを目的とし、ロンドン証券取引所の運営するロンドンAIMにおけるNomad制度を参考として「J-Adviser 制度」を採用するなど、機動性・柔軟性に富む市場運営の実現を目指しており、2012年7月からはTOKYO PRO Marketとして、TOKYO AIMの市場コンセプトを継承し、東京証券取引所が市場運営を行っております。

東京証券取引所が運営する新しい株式市場「TOKYO PRO Market」とは? PDF

TOKYO PRO Marketの主な特徴

株主数・流通株式・利益の額などの形式基準(数値基準)がなく、例えば、オーナーシップを維持したままでの上場なども可能となっております。

項目 TOKYO PRO Market (参考)東証他市場
開示言語 英語又は日本語 日本語
上場基準 形式基準:なし
実質基準:あり
形式基準:あり(株主数、流通株式等)
実質基準:あり
審査主体 J-Adviser 主幹事証券会社、東証
上場申請から上場承認までの期間 10営業日
(上場申請前にJ-Adviserによる意向表明手続きあり)
2、3か月程度
(標準審査期間)
上場前の監査期間 最近1年間 最近2年間
内部統制報告書 任意 必須
四半期開示 任意 必須
主な投資家 特定投資家等
(いわゆる「プロ投資家」)
一般投資家

TOKYO PRO Market に関する制度や新規上場プロセスの詳細については、新規上場ガイドブックをご参照ください。

新規上場ガイドブック