ESG評価機関の紹介

アラベスク・グループ

アラベスク・グループとは

アラベスクは2013年に創業しました。資産運用事業を中核にサステナビリティ金融事業を推進してきました。2018年にESGリサーチの社内ツールであったS-Ray®を独立したESG評価事業としてアラベスクS-Rayをスタート。2019年には資産運用事業にAIを取り入れたAIエンジンを開発し、アラベスクAIを設立。金融、サステナビリティ、AIの融合を目指すことで、サステナブルな社会の実現に貢献していきます。

ゲオルグ・ケル会長のメッセージ

“アラベスクは、企業と資本市場にサステナビリティ情報を提供するために、現代金融に革命をもたらしているESGとAIに基づき構築されています.”

取締役会

コーポレート・サステナビリティ分野における世界的リーダー達が非常勤取締役を務めています。
取締役の詳細はウェブサイトに掲載しております。

Our Board – Arabesqueicon-block

アラベスクの3つの事業分野

アラベスク・グループ全体で、最先端の研究を利用して、持続可能で透明の高い金融ソリューションを提供しています。

 

アラベスク・アセット・マネジメント

  • 投資戦略の構築と投資商品の運用
  • 多様な運用手法 (e.g. mutual funds, hedge funds, SMAs)
  • 世界各地域に拠点(米国, 欧州, アジア, 中東)
  • 非財務データの統合と定量的投資プロセスの実施によって定義される投資哲学
 

アラベスクS-Ray

  • 2018年にアラベスク・アセット・マネジメントからスピンオフ
  • 企業のサステナビリティを異なる側面から評価(ESG、国連グローバル・コンパクト、地球温暖化への寄与、事業活動)
  • 企業がサステナビリティ・データを管理することができるツールを提供し企業の報告書作成業務を支援
 

アラベスクAI

  • 2019年にアラベスク・アセット・マネジメントからスピンオフ
  • アラベスク独自のAIエンジンを開発 – 独自のテクノロジーを使用して構築された2億5500万のノードと7億5000万のエッジで構成される大規模分散型計量グラフ
  • AIエンジンによって生成されたシグナルを算出し投資商品に活用

アラベスクS-Ray®とは

アラベスクS-Rayは、データ収集と集積されたデータを分析する定量データツールです。まず、企業のサステナビリティ関連の公開情報およびニュース等のデータを予め決められた評価方法に基づきサステナビリティに関係する300以上の項目にインプットし、毎日スコアリングしています。世界の上場企業8000社超(日本企業は約600社)(2021年1月現在)のインプット・データを自己学習型定量モデルを用いてサステナビリティ・パフォーマンスを分析します。S-Rayの定量テクノロジーにより、利用者はサステナビリティに関する付加的な影響を評価することができます。さらに、世界の主要な金融機関、機関投資家、企業、コンサルティング会社がすでにS-Rayを使用しています。

アラベスクS-Ray®の評価方法

企業のサステナビリティのパフォーマンスを以下の4つの側面から評価しています。

  • GCスコア(グローバルコンパクト・スコア):国連グローバル・コンパクトの原則に基づいて企業の行動規範を評価します。
  • ESGスコア:事業活動で財務的に重要なESG課題について企業のパフォーマンスを評価します。
  • GCスコアおよびESGスコアは0-100で表示されます。平均スコアは50です。
  • Temperature Score(気温スコア):温室効果ガス(GHG)の排出を通じて、企業は地球温暖化にどの程度寄与しているのかを数値化します。スコアは気温で表示され、最も優れたスコアから順に1.5℃、2.0℃、2.7℃、2.7℃以上、3.0℃となっております。
気温スコアの詳細icon-block
 
  • Preference Filter (選好フィルター):企業の事業関与をチェックするサーチ・ツール。特定の事業関与の有無を知らせます。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

S-Rayスコアについて(英文)icon-block
S-Rayの特長(英文)icon-block
S-Rayの活用事例(英文)icon-block
 

上記の評価を、以下の形式で投資家に提供しています。(日本時間の毎夕に当日のスコアを配信)

  • 365日のスコア配信。配信するスコアの内容は以下のとおりです。
  • GCスコア
  • GCスコアのサブスコア(人権、労働、環境、腐敗防止)
  • ESGスコア
  • ESGスコアのサブスコア(環境、社会、コーポレートガバナンス)
  • サブスコア算出に必要な22のサステナビリティ項目の各スコア
  • 気温スコア:短期(2030年)、長期(2050年)のスコアをご確認頂けます。2021年2月現在、気温スコアの対象は世界の上場企業約3000社
  • 選好フィルター:アダルト・エンターテイメント、アルコール、問題性のある武器兵器、防衛、薬物、銃器、化石燃料、ギャンブル、遺伝子組み換え作物、原子力、豚、幹細胞、石炭、タバコという14種類の懸念事業のフィルタリング機能。2021年現在、選好フィルターの対象は世界の上場企業約2万社
  • 毎日すべてのスコアが更新されております。約8000社のサステナビリティ・パフォーマンスの確認、リスク管理、スクリーニング、ポートフォリオ単位でのスコア分析・管理等、様々な用途でスコアを提供しています。
  • 過去スコア(2006年~)の提供
  • カスタマイズ・スコアの開発・配信。現在の主な対象(含む予定)は以下のとおりです。
  • SDGsスコア
  • TCFDスコア
  • サプライチェーン・リスク・モニタリング
  • 開示規制対応ソリューション

 

アラベスクS-Ray®のウェブサイト

アラベスクS-Rayのウェブサイトでは、世界約8000社(日本企業約600社)の3カ月前のスコアをご確認頂くことができます。図1はウェブサイトのスタートページになります。レーダーチャートに約8000社のスコアを分布しております。X軸がESGスコア、Y軸がGCスコアであり、グラフの右上に位置する企業ほど、業種内(ESGスコア)、企業行動(GCスコア)ともに優れていることを示しております。
さらに、検索(Search Company)機能で、個別企業のスコア(ESGスコア、GCスコア)および気温スコアをご確認頂くことができます。

アラベスクS-Ray®のウェブサイトicon-block


図1:アラベスクS-Ray ホームページTOP

アラベスクS-Ray ホームページTOP

また、アラベスクS-Rayのウェブサイトでは、各スコア(GCスコア、ESGスコア、気温スコア(Temperature ))を並べ替えてみることができます(図2)。各スコアの高い企業や低い企業を確認したい、気温スコアが1.5℃の企業を確認したい等のご要望に対応しております。


図2:アラベスクS-Ray スコアによる並べ替え機能

アラベスクS-Ray スコアによる並べ替え機能

個別企業の情報もDashboard機能から図3のようにご確認頂けます。


図3:アラベスクS-Ray 各社ダッシュボード

アラベスクS-Ray 各社ダッシュボード

S-Rayは各企業のサステナビリティ情報を10年以上にわたり収集してきております。
図3のダッシュボードはS-Rayウェブサイトからどなたでもご覧頂ける内容になります。より詳細な情報やデータを含めたダッシュボードをご希望の場合は以下のページを通じてご連絡ください。(日本語でお問い合わせいただきますと日本の担当者に届きます)

Arabesque Get in Touchicon-block
S-Rayのご提供内容(英文)icon-block