ESG評価機関の紹介

ESG評価機関は、企業のESG情報を収集・調査して機関投資家に提供しています。評価機関は、ESG課題のなかで投資家の関心が高いものや、投資判断に有用な項目を(場合によってはセクターごとに)特定し、企業の公開情報や個別の質問票等を活用して企業情報の収集や調査、評価を行っています。このページでは、各ESG評価機関から、それぞれの考え方や情報収集や評価の方法に関する情報を提供していただきます。

ESG評価機関から質問票等を直接受けとっている企業はもちろんですが、受け取っていない企業も、ESG評価機関の考え方や企業に求めている開示項目を理解することで、自社のESG情報開示の充実に役立てていただくことができるのではないかと考えています。

評価機関(アルファベット順) 機関の紹介
アラベスク・グループ アラベスクは2013年に創業し、2018年にESGリサーチの社内ツールであったS-Ray®を独立したESG評価事業としてアラベスクS-Rayをスタートしました。アラベスクS-RayはAIを使用し、企業のサステナビリティを様々な側面から評価しています。
ブルームバーグ・エル・ピー ブルームバーグは1981年、アメリカ ニューヨークで設立。情報を通じて世界の資本市場の透明性を高めようという信念の下、全世界の金融、ビジネス、政治界の皆様に日々、あらゆる判断材料を提供しています。ESGにおいても公正かつ高品質なデータ、分析ツール、ニュース、リサーチの提供に尽力しています。
CDP 2000年にロンドンで設立された非営利団体。気候変動、水セキュリティ、森林減少リスク・コモディティの分野における、企業や自治体のグローバルな情報開示基盤を提供し、収集した情報は投資家や企業、各国政府に活用しています。
FTSE Russell 1995年に設立され、ロンドン証券取引所グループ傘下。ESGインデックスを含む様々なインデックスの算出とともに、ESGレーティング等のデータや分析ツール等機関投資家向けに様々な情報、分析サービスを提供しています。
MSCI MSCI ESGリサーチは世界中の数千社の環境、社会、ガバナンスに関連する企業の業務について、詳細な調査、格付け、分析を提供しています。
S&Pグローバル S&Pグローバルは、S&P グローバル・レーティング(格付)、S&P グローバル・マーケット・インテリジェンス(データおよび分析ツール)、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス(指数)、およびS&P グローバル・プラッツを傘下に持つグローバル金融サービス会社です。ESGの分野では、SAMやTrucostの幅広いデータベースと調査技術に基づく企業評価やリスク分析、長期的な持続可能な成長に関する情報や投資ツールを提供します。
Sustainalytics モーニングスターグループの一員であるサステイナリティクスは、25年以上にわたり、世界中の投資家による責任投資戦略の開発と実践をサポートしてきたESG調査・レーティング・データ提供のリーディングカンパニーです。40を超える産業分類において分野横断的な専門知識を持つ200名以上のアナリストを有しており、日本を含む世界16拠点において、数百社におよぶ世界有数の資産運用会社や年金基金と提携しています。