関連団体との協力

日本取引所グループ(以下「JPX」という)は、上場企業や市場参加者に対するサステナビリティ推進活動に加えて、ESG投資やサステナブルファイナンスを推進している国内外の取組みに参加・支持しています。

Sustainable Stock Exchanges(SSE)イニシアティブ

SSEイニシアティブは、証券取引所がサステナブルな社会の構築に向けて、投資家や上場会社などのステークホルダーと協働しながら、主体的にその取組を検討していく活動で、国連貿易開発会議(UNCTAD)、国連グローバル・コンパクト、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)、責任投資原則(PRI)により運営されています。
JPXは、2017年12月からSSEイニシアティブに参加し、各国の取引所とともにサステナビリティ推進に関する活動に積極的に参加しています。
加えて、JPXはSSEが作成した「ESG情報の報告に関する企業向けモデルガイダンス」の日本語訳を作成し、2019年6月に上場会社向け参考資料として公表しました。

Sustainable Stock Exchanges Initiativeへの参加について
「ESG情報の報告に関する企業向けモデルガイダンス」(日本語版) の公表について

Task Force on Climate Related Financial Disclosures(TCFD:気候関連財務情報開示タスクフォース)

TCFDは、金融安定理事会(FSB)の呼びかけにより設置された民間のタスクフォースで、個々の金融機関や事業会社が、気候変動がもたらす「リスク」及び「機会」の財務的影響を把握し、開示するよう推進しています。TCFDが2017年6月に公表した最終提言には、世界の様々な金融機関や企業、政府、国際機関等が支持を表明しており、日本でも支持が広がっています。
JPXは2018年10月にTCFD最終提言への支持の意を表明しました。TCFDを日本でさらに普及させるべく、上場会社や投資家の皆様を対象としたイベントを開催する等、様々な活動を行っています。また、2019年5月に発足した「TCFDコンソーシアム」に参加しています。
JPXのTCFDに関する取組みの一部は以下のとおりです。

2018年10月29日、TCFDに支持の意を表明
2018年11月19日、マーク・カーニーFSB理事長とTCFD普及促進について意見交換を実施
2019年2月12日、「TCFDを巡る企業と投資家の対話:今後の展望」シンポジウムを開催
2019年2月23日、マリー・シャピロTCFD特別アドバイザーと意見交換を実施

World Federation of Exchanges(WFE:国際取引所連合)

WFEは、世界の取引所・清算機関等が加盟する連合組織であり、資本市場に関する政策提言や調査研究活動、統計データの収集・提供等に取り組んでいます。また、会員間の情報交換や新興取引所に対する技術支援を通じて、市場インフラの発展をサポートしています。最近の活動においては、金融市場全般に関する規制の一貫性や市場の分裂、ICOや暗号資産を含めたテクノロジー関連の政策、市場構造におけるESGの問題等を重点テーマとして取り上げています。
JPXは2018年5月から、WFEのサステナビリティに関するワーキング・グループの副議長を務めており、その活動に積極的に参加しています。同ワーキング・グループの活動に基づき、WFEは2018年にESG開示の推進方法に関するガイドライン「ESG Guidance & Metrics」を改訂し、2018年10月、5つの原則から成る「サステナビリティ原則」を作成・公表しています。