概要

ベンチャーファンドとは

ベンチャーファンド市場は、未公開企業を中心とするベンチャー企業を主な投資対象とする投資法人のための市場として、2001年12月3日に開設されました。

ベンチャーファンドとは

ベンチャー企業への新たな資金供給スキームの確立

ベンチャーファンドは、ベンチャー企業への新たな資金供給スキームとして、投資法人(会社型投資信託)制度を活用するものです。広く一般の投資家から資金を集め、未公開企業を始めとするベンチャー企業に投資します。

個人投資家に未公開企業への投資機会を提供

一般的に、ベンチャー企業への投資は、主として投資事業組合を利用して行われており、投資家層は機関投資家が中心となっていました。
ベンチャーファンド市場の整備により、少額の資金で投資を行うことができるようになるとともに、換金の場が確保されることから、個人投資家にもベンチャー企業への投資が容易となりました。

上場制度(上場審査基準)

上場審査基準には次の項目があります。

流動性基準

上場投資口口数
(普通株券での株数)
2,000単位以上
投資主数
(普通株券での株主数)
300人以上
大口投資主が
所有する投資口の比率
80%以下
純資産総額 30億円以上

運用資産の比率

  • 国内の未公開株等、未公開株等関連資産及び上場後5年以内の株券等への投資額(未公開株等投資額)の合計が運用資産等の総額の70%以上となり、かつ、未公開株等への投資額(未公開株等の額及び未公開株関連資産のうち未公開株等に相当する部分の額の合計)が未公開株等投資額の50%以上となる見込みのあること。
  • その他の資産が、流動資産等及び運用資産等に係る価格変動による損失の危険その他の危険を減殺することを目的とし、かつ、当該損失の危険その他の危険を減殺することが客観的に認められる取引に係る権利その他の資産に限られること。

未公開株等の評価の適正性

  • 独立した未公開株等評価機関へ委託していること。
  • 当該未公開株等評価機関が適正な評価を行うことができる社内体制にあること。

その他

投資主名簿等管理人の設置等

売買制度

株券と同じ売買方法

ベンチャーファンドの市場における売買の方法は、通常の株券と同じです。指値注文・成行注文を出すことができます。

信用取引も可能

株券と同様に信用取引の対象となります。制度信用銘柄及び貸借銘柄への選定基準も株券と同様です。