home > 清算・決済サービス > 先物・オプション取引 > 取引証拠金 > 先物・オプション取引に係る取引証拠金

取引証拠金先物・オプション取引に係る取引証拠金

先物・オプション取引に係る取引証拠金

  • JSCCでは、大阪取引所(以下「OSE」といいます。)に上場されている先物・オプション取引の清算業務を行っており、これらの取引について証拠金の計算から預託・管理にいたるまでを一貫して行っております。
  • ※ その他の取引所で取引された先物・オプション取引の証拠金は、当該他の取引所に預託されます。
<顧客が差し入れる証拠金についてはこちら>
<清算参加者が預託する証拠金についてはこちら>
  • 上場デリバティブ取引の当初証拠金所要額(取引証拠金所要額)は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が開発したSPAN®によって計算した額(SPAN証拠金)から、ネット・オプション価値の総額を加減した額となります。
<SPAN®に関するより詳細な説明はこちら>
<SPAN リスク・パラメーター・ファイルに関するより詳細な説明はこちら>
<各種SPAN データの取得はこちら>

(※)2016年12月30日現在の全清算参加者の取引証拠金所要額は14,711億円。

証拠金及び決済制度の概要
<緊急証拠金についてはこちら>
<証拠金の計算に係るポジション認識期間についてはこちら>
<先物・オプション取引に係る清算値段の決定方法等についてはこちら>