グループCEOごあいさつ

皆様には、平素より格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。


2019年度から、JPXは、更なる飛躍に向けて「第三次中期経営計画-市場への責任 未来への挑戦-」をスタートいたしました。


JPXは、投資家の皆様には資産運用の場を提供し、企業の皆様には資金調達の場を提供する市場インフラとして、第三次中期経営計画においても、皆様に、安心かつ信頼して使っていただける安定的な市場を提供するという本来的な使命を追求し、「市場への責任」を果たし続けていきます。


近年、フィンテックなどの技術革新や金融・資本市場を取り巻くグローバルな環境は、変化のスピードをますます加速しています。「市場への責任」を果たし続けるためには、技術革新や環境変化に対して、速やかかつ柔軟に対応することが極めて重要であり、果敢に「未来への挑戦」を続けていきます。


「市場への責任 未来への挑戦」という考え方の下、JPXは、ステークホルダーの皆様との一層の協力や新たなパートナーシップを通じて、中長期的にはコモディティをはじめとする類似分野・周辺分野も含めて、誰もが、あらゆる商品を安心かつ容易に取引できる取引所<Total smart exchange>への進化を目指し、グループ一丸となって取組みを進めます。


投資家の皆様をはじめとして、上場会社の方々、証券会社・金融機関の方々、さらには監督当局や一般社会の皆様のご理解とご協力なくして、市場の安定的運営と持続的発展はあり得ません。今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。




株式会社日本取引所グループ

取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭