システム障害に係る「再発防止策検討協議会」

再発防止策検討協議会

設置趣旨

2020年10月1日に発生したシステム障害においては、システム面の課題のみならず、復旧に向けた基準や手続きの明確化、その透明性向上、また障害時における注文取扱ルールの未整備など、システム運用の課題が明らかになりました。本協議会では、市場関係者の方々とともに、海外での実務動向等も踏まえながら、投資家目線でのシステム障害対応やルール整備の在り方について検討を行います。

参加メンバー

証券会社、投資家、システムベンダー等、多様な市場関係者の方々をメンバーとし、金融庁、関係団体等をオブザーバーとします。

事務局

東京証券取引所

資料

開催日 資料 議事概要
2020/10/23 PDF PDF

再発防止策検討実務者ワーキング・グループ

設置趣旨

本ワーキング・グループでは、市場関係者の方々とともに、海外での実務動向も踏まえながら、投資家目線でのシステム障害対応・ルール整備の在り方について実務的な観点から具体的な検討を行います。

参加メンバー

委員は、原則として「再発防止策検討協議会」の委員会社から選出し、金融庁、関係団体等をオブザーバーとします。

事務局

東京証券取引所

資料

開催日 資料 議事概要
2020/11/6 PDF PDF
2020/11/20 PDF -

関連ページ

本日の障害について(10月1日会見要旨・資料)
arrowhead の障害に関する原因と対策について
システム障害に係る調査委員会の設置について
10月1日に株式売買システムで発生した障害について