上場会社の取組み支援

日本取引所グループは、上場会社に対し、ESG開示を検討するにあたって参考となるよう、Sustainable Stock Exchanges Initiative(以下「SSEイニシアティブ」という)が策定している「ESG情報の報告に関する企業向けモデルガイダンス」の日本語訳を作成し、提供しています。

コーポレートガバナンス・コードでは、上場会社は、サステナビリティ課題に積極的・能動的に取り組むよう検討すべきとしており、また、2018年6月の改訂では、ESGに関する対話が進む中、「非財務情報」にいわゆるESG要素に関する情報が含まれることを明確化しています。

本ガイダンスは、企業それぞれがESG開示を検討するにあたって、原則や考慮すべき課題を紹介しています。ガイダンスの利用を通じて、日本企業がESG開示を向上させ、したがって投資家への魅力を強化させることを期待しています。

ESG情報の報告に関する企業向けモデルガイダンス PDF