バージ軽油先物

制度概要

取引種類 現物先物取引
標準品 揮発油等の品質の確保等に関する法律施行規則第22条第1項の規格に適合し、かつ、日本産業規格のK2204の品質基準(各限月毎に、以下に掲げる当該限月に対応する種類についての品質基準)に適合する軽油
  1月限~3月限及び12月限     (2号)
  4月限~5月限及び10月限~11月限 (1号)
  6月限~9月限         (特1号)
取引開始日 2003年9月8日 (試験上場)
2004年7月1日 (本上場)
2006年2月27日 ~ 2010年4月30日 (休止)
2010年5月6日 (再開)
立会時間 <日中>
寄付板合わせ(オープニング) : 8:45
ザラバ取引(レギュラー・セッション) :8:45~15:10
引板合わせ(クロージング) : 15:15

<夜間>
寄付板合わせ(オープニング) : 16:30
ザラバ取引(レギュラー・セッション) : 16:30~翌5:55
引板合わせ(クロージング) : 翌6:00

※寄付板合わせ(オープニング)で取引が成立しない場合、ザラバ取引(レギュラー・セッション)に移行
※引板合わせ(クロージング)で取引が成立しない場合、ザラバ引け
限月取引 新甫発会日の属する月の翌々月から起算した6月以内の各月(6限月制)
取引最終日
(当月限納会日)
当月限の前月25日(日中立会まで。当日が休業日に当たるときは順次繰り上げ)
取引単位 50キロリットル(1枚)
呼値の単位 1キロリットル当たり10円刻み
受渡単位 100キロリットル(1枚)
制限値幅
  1. サーキットブレーカー幅:基準値段(前日帳入値段)を中心に上下10,000円
    制限値幅、サーキット・ブレーカー制度
    ※ただし、市況等を勘案し、呼値の制限値幅を臨時で見直すことがある。
  2. 即時約定可能値幅:直近約定値段を中心に上下1,000円
    ※ただし、寄付板合わせ(オープニング・オークション)の即時約定可能値幅は上下3,000円、引板合わせ(クロージング・オークション)の即時約定可能値幅は上下2,000円とする。
  3. 即時約定可能値幅制度
サーキット・ブレーカー 原則、停止・拡大なし。
ストラテジー取引 あり(限月間スプレッド、商品間スプレッド)
立会外取引 あり(呼値の単位:10銭、最低取引単位:1単位)
TOCOMにおける立会外取引
帳入値段 クリアリング機構が定める値段(夜間立会の開始時から日中立会終了時までの立会における最終約定値段等)
受渡値段 当月限納会日の日中立会における約定の加重平均価格
受渡日時 当月限の1日から当月限の末日まで
受渡供用品
  1. 受渡供用品:標準品の品質基準を満たした国内精製軽油又は輸入通関が完了した輸入軽油
  2. 軽油引取税の扱い:先物市場における取引は軽油引取税抜きとするが、軽油引取税の課される受渡しがなされる場合には受渡代金に軽油引取税を付加する
受渡場所 海上出荷設備を有する東京都、神奈川県及び千葉県に所在する製造所又は貯蔵所のうち、当社が指定した場所
受渡方法
  1. 受渡場所の選択権:渡方に帰属する
  2. 受渡方法:内航船による受渡
  3. 受渡日の選択権:原則として、受方に帰属する
  4. 受渡当事者の決定:抽選により決定する。但し、納会日から抽選で決定するまでの間に、合意により受渡当事者の組合わせが成立した場合には、この限りではない
  5. 分割受渡:受渡に当たっては、分割して受渡を行うことができる
建玉数量の制限(委託者) 売または買のそれぞれにつき次の数量
一般委託者
 当月限     250枚
 翌月限     500枚
 その他限月   各1,500枚
当業者、投資信託等及びマーケットメイカーの委託者
 当月限     2,000枚
 翌月限     3,000枚
 その他限月   各5,000枚
証拠金 SPAN®を利用して計算(他の商品先物・商品先物オプション取引との間におけるリスク相殺を認める)。
決済方法
  1. 転売または買戻し
  2. 最終決済(現物受渡しによる決済)
ギブアップ 利用可能
建玉移管 利用可能
  • 詳細は株式会社日本証券クリアリング機構(JSCC)のウェブサイトをご参照ください。
建玉移管制度(JSCC)
  • SPAN®は、Chicago Mercantile Exchange(CME)が開発した証拠金計算方法です。
  • 当業者とは、取引所が定める商品の売買、売買の媒介、取次ぎ若しくは代理、生産、加工又は使用を業として行う者を指します。