上場制度

本則市場(市場第一部・第二部)における上場審査基準

形式要件(単独上場の場合)

本則市場(市場第一部・第二部)の外国株券等(外国株、外国株預託証券等)の単独上場に関する形式要件(有価証券上場規程第206条第1項)では、内国株券等の形式要件のうち、(1)~(7)及び(12)(有価証券上場規程第205条第1号から第7号まで及び第12号)に適合しており、かつ、以下の要件を満たすことが必要となります。

上場審査基準概要(一・二部)
指定振替機関における取扱い 指定振替機関の外国株券等保管振替決済業務若しくは振替業における取扱いの対象であること又は上場の時までに取扱いの対象となる見込みがあること。
株券等の譲渡制限 新規上場申請を行った外国株券等の譲渡について、制限を行っていないこと(但し、本国の法律の適用を受けるために必要と認められる場合等については、当取引所の市場における売買を阻害しない限りにおいて、この限りではありません。)
預託契約等 新規上場申請が外国株預託証券等である場合は、預託契約等の必要な契約が有価証券上場規程施行規則で定めるところにより締結されるものであること。

形式要件(重複上場の場合)

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)の重複上場に関する形式要件(有価証券上場規程第206条第2項)は、内国株券等の形式要件のうち、 (1)、(2)a、(3)から(7)及び(12)(有価証券上場規程第205条第1号、第2号a、第3号から第7号まで及び第12号)に適合し、かつ、以下の要件を満たすことが必要となります。

上場審査基準概要(一・二部)
外国株券等の分布状況 特定の株主又は外国株預託証券等の所有者に著しく多数の株式が所有されていると認められないこと
指定振替機関における取扱い
株券等の譲渡制限
預託契約等
単独上場の場合と同じ(上記参照)

適格要件(上場審査の内容)

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)の上場審査は、有価証券上場規程第207条に基づいて行われ、その詳しい内容は「上場審査等に関するガイドライン」によって定められています。詳細については、 「上場審査等に関するガイドライン」をご覧ください。

定款等諸規則/諸規則内規

マザーズにおける上場審査基準

形式要件(単独上場の場合)

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)のマザーズへの単独上場に関する形式要件(有価証券上場規程第213条第1項)では内国株券等の形式要件(マザーズ)のうち、(1)~(4)、(7)(有価証券上場規程第212条第1号から第6号まで)に適合しており、かつ、以下の要件を満たすことが必要となります。

上場審査基準概要(マザーズ)
指定振替機関における取扱い 指定振替機関の外国株券等保管振替決済業務若しくは振替業における取扱いの対象であること又は上場の時までに取扱いの対象となる見込みがあること。
株券等の譲渡制限 新規上場申請を行った外国株券等の譲渡について、制限を行っていないこと(但し、本国の法律の適用を受けるために必要と認められる場合等については、当取引所の市場における売買を阻害しない限りにおいて、この限りではありません)
預託契約等 新規上場申請が外国株預託証券等である場合は、預託契約等の必要な契約が有価証券上場規程施行規則で定めるところにより締結されるものであること

形式要件(重複上場の場合)

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)のマザーズとの重複上場に関する形式要件(有価証券上場規程第213条第2項)は、内国株券等の形式要件(マザーズ)のうち、 (1)、(2)a及び(3)から(6)(有価証券上場規程第212条第1号、第2号a及び第3号から第6号)に適合し、かつ、以下の要件を満たすことが必要となります。

上場審査基準概要(マザーズ)
指定振替機関における取扱い
株券等の譲渡制限
預託契約等
単独上場の場合と同じ(上記参照)

適格要件(上場審査の内容)

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)のマザーズへの上場審査は、有価証券上場規程第214条に基づいて行われ、その詳しい内容は「上場審査等に関するガイドライン」によって定められています。詳細については、 「上場審査等に関するガイドライン」をご覧ください。

定款等諸規則/諸規則内規

JASDAQ(スタンダード・グロース)における上場審査基準

形式要件

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)のJASDAQスタンダードへの上場に関する形式要件(有価証券上場規程第216条の4)では内国株券等の形式要件(JASDAQスタンダード)のうち、(2)~(5)(有価証券上場規程第216条の3第2号から第4号まで及び第212条第6号)に適合しており、かつ、以下の要件を満たすことが必要となります。

また、外国株券等(外国株、外国株預託証券等)のJASDAQグロースへの上場に関する形式要件(有価証券上場規程第216条の7)では内国株券等の形式要件(JASDAQグロース)のうち、(2)、(3)及び(5)(有価証券上場規程第216条の3第2号、第216条の6第1号及び第212条第6号)に適合しており、かつ、以下の要件を満たすことが必要となります。

上場審査基準概要(JASDAQ)
株券等の分布状況
  1. 公募又は売出し株式数が次の(a)から(f)までに定める株式数又は上場株式数の10%のいずれか多い株式数以上(単独上場の場合のみ)
     (a)売買単位を1,000株とする銘柄  100万株
     (b)売買単位を500株とする銘柄   50万株
     (c)売買単位を100株とする銘柄   10万株
     (d)売買単位を50株とする銘柄     5万株
     (e)売買単位を10株とする銘柄     1万株
     (f)売買単位を1株とする銘柄    1,000株
  2. 本邦内の株主数 300人以上
指定振替機関における取扱い 指定振替機関の外国株券等保管振替決済業務若しくは振替業における取扱いの対象であること又は上場の時までに取扱いの対象となる見込みがあること。
株券等の譲渡制限 新規上場申請を行った外国株券等の譲渡について、制限を行っていないこと(但し、本国の法律の適用を受けるために必要と認められる場合等については、当取引所の市場における売買を阻害しない限りにおいて、この限りではありません)
預託契約等 新規上場申請が外国株預託証券等である場合は、預託契約等の必要な契約が有価証券上場規程施行規則で定めるところにより締結されるものであること。

適格要件(上場審査の内容)

外国株券等(外国株、外国株預託証券等)の上場審査は、 有価証券上場規程第216条の5( JASDAQスタンダード)及び第216条の8( JASDAQグロース)に基づいて行われ、その詳しい内容は「上場審査等に関するガイドライン」によって定められています。詳細については、「上場審査等に関するガイドライン」をご覧ください。

定款等諸規則/諸規則内規