日中ETFコネクティビティ

2019年4月22日、日本取引所グループは、上海証券取引所との間で日中のアセットクラスを信託財産とするETFの上場を促進し、両国投資家の日中証券市場への投資機会を拡大するための環境整備として、日中ETFコネクティビティの構築について合意いたしました。また、2021年1月25日には、深圳証券取引所との間でも同様のスキームを構築することに合意しております。
日中ETFコネクティビティとは、当該スキームのために新たに割り当てられる投資枠を用いること等によって、日中のアセットクラスを信託財産とするETFに投資を行う一定のフィーダーETFを相互に上場することで、日中のETF市場を双方のETFを介して相互に結び付ける仕組みです。
中国の証券取引所に上場するETFを信託財産とするETFを東京証券取引所に上場することで、日本の投資家が中国の証券取引所に上場するETFに間接的に投資できるようになり、東京証券取引所に上場するETFを信託財産とするETFを中国の証券取引所に上場することで、中国の投資家が東京証券取引所に上場するETFに間接的に投資できるようになります。

日中ETFコネクティビティの概要 PDF

関連ニュース・イベント