RFQプラットフォーム

RFQプラットフォーム"CONNEQTOR"の概要

概要

東京証券取引所は、ETF市場の流動性向上を目指して、2018年にマーケットメイク制度を導入しその後も継続的に改善を行っていますが、それらに加え、立会内市場では執行しにくい大口取引の円滑化のため、2019年10月より、RFQ機能の提供について検討を行ってきました。
これまで、利用者となり得る多くの機関投資家の皆様のご協力をいただきながらデザインを行い、十分なニーズを確認でき、技術的にも実現の目途が立ったことから、このたび、サービスインに向けた本開発を開始することとしました。2020年末の稼働を予定しています。
この RFQ機能を利用するためのプラットフォームには、「機関投資家・証券会社・マーケットメイカーをより緊密に繋げることで、ETFの取引がもっと効率化されるように」との想いを込めて、「CONNEQTOR」と名付けています。

RFQ機能の概要・取引の流れ

RFQ機能とは、主に機関投資家が、売買を希望する銘柄・数量等を多数のマーケットメイカーに打診し、個別に提示された価格で売買を行うことを可能にする機能です。CONNEQTORでは匿名性を保ちつつ気配提示は高い透明性を保っており、投資家は提示された価格のうち、最良のものでのみ取引することができます。RFQ機能を利用した場合の取引の流れは以下の通りです。

RFQ機能の流れ

① 投資家は CONNEQTOR上で「XXXX の ETF を YY 円分、買いたい」とのリクエストを送信します。
② マーケットメイカーは価格を提示します。
③ 投資家は提示された価格(※常に最良の価格が表示されます)でよければ、取引を打診します。
④ 最良価格を提示したマーケットメイカーは打診された取引を確認し、承認します。
⑤ 投資家及びマーケットメイカーがそれぞれ、あらかじめ指定した証券会社が取引について承認します。
⑥ 承認された取引は、ToSTNeT市場に発注され、取引所取引として売買が成立し、清算・決済が行われます。
⑦ 投資家は取引の状態、操作履歴及び表示結果の全てについて、ログを取得することが可能です。