SPAC制度の在り方等に関する研究会

東京証券取引所(以下「東証」という)は、米国その他の諸外国の金融商品取引所に見られる「SPAC」(特別買収目的会社)の上場制度について、同様の制度を我が国でも導入することの意義及び必要性を整理するとともに、諸外国における制度及び実務を踏まえつつ、我が国において制度構築を行う場合の課題について議論を行うため、学識経験者、機関投資家、ベンチャー企業、金融商品取引業者その他の市場関係者が参加する研究会を設置いたしました。

設置要綱 PDF
メンバーリスト PDF

「SPAC制度の在り方等に関する研究会」の開催実績

第1回研究会(2021年10月1日)

資料1 議事次第 PDF
資料2 事務局説明資料 PDF
資料3 米国におけるSPACの状況について PDF
第1回議事概要 PDF