株のヘッジにプットオプションが機能した事例(その1)

2015年8月に下落し始めた株の保険として日経225プットオプションを購入後、チャイナショックで大暴落。しっかり保険の役割を果たしてくれた事例をご紹介します。

個人投資家Aさんの事例
年齢55歳
・家族構成 2人家族
・世帯年収 1000万円
・証券投資にまわせる資金 約500万円

★シミュレーター No.14「基本戦略:プット買い」で練習!https://www.fopstudy.com/

動画の⻑さ:13:45

このページをシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連リンク

ゲーム感覚で取引の練習をしよう!

先物・オプション取引ってどうやって発注するの?取引を体験してみよう!
OSE先物・オプション シミュレーターは、先物・オプションの売買を体験するサイトです。

個⼈向け取扱い証券会社

インターネットを利用し、個人向けに上場商品を取り扱っている証券会社を掲載しています。
※掲載については、了解をいただいた会社のみとなっております。(最大4社をランダム表示)
※クリックすると外部サイトへ遷移します。

  • SBIネオトレード証券
  • むさし証券トレジャーネット
  • 岩井コスモ証券
  • 日産証券
  • フィリップ証券
  • 安藤証券
  • 岡三オンライン証券
  • 松井証券
  • Interactive Brokers
  • 光世証券
  • GMOクリック証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 楽天証券
  • SBI証券