相場急変時にオプション取引のポジションをロスカットしようにも反対売買が不可能な事例

米国大統領選時の大きな下落でプットオプションがどれくらいの価格になったのか、また、インザマネーになった銘柄の板の状況はどうなっていたのかについてご説明します。

★シミュレーター No.16「基本戦略:プット売り (必須 オプションの危険性を知る)」で練習!https://www.fopstudy.com/

動画の⻑さ:9:49

このページをシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連リンク

ゲーム感覚で取引の練習をしよう!

先物・オプション取引ってどうやって発注するの?取引を体験してみよう!
OSE先物・オプション シミュレーターは、先物・オプションの売買を体験するサイトです。

個⼈向け取扱い証券会社

インターネットを利用し、個人向けに上場商品を取り扱っている証券会社を掲載しています。
※掲載については、了解をいただいた会社のみとなっております。(最大4社をランダム表示)
※クリックすると外部サイトへ遷移します。

  • むさし証券トレジャーネット
  • 岩井コスモ証券
  • 日産証券
  • フィリップ証券
  • 安藤証券
  • 岡三オンライン証券
  • ライブスター証券
  • 松井証券
  • Interactive Brokers
  • 光世証券
  • GMOクリック証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 楽天証券
  • SBI証券