商品先物取引について

商品先物取引の決済には、受渡決済と、差金決済という二つの方法があります。

決済の具体例

当初の買い取引が5,000円で1単位約定したとき … その後

差金決済

  1. 5,100円で反対売買(売り)を行った場合
    ⇒5,000円で買ったものを5,100円で売るから
    (5,100円-5,000円)×1,000(倍)×1(単位)= 100,000円・・・利益
    (別途手数料と税金がかかります)

  2. 4,900円で反対売買(売り)を行った場合
    ⇒5,000円で買ったものを4,900円で売るから
    (4,900円-5,000円)×1,000(倍)×1(単位)= -100,000円・・・損失
    (別途手数料と税金がかかります)

受渡決済

  1. 現物の授受を行った場合
    当初の買い取引が1gあたり5,000円なので、500万円を支払い金1kgの現物を受け取る。
    (別途手数料と税金がかかります)

例)金の受渡決済の手続き

金の受渡決済の手続き

商品先物市場における値洗い等

デリバティブ市場では、建玉(たてぎょく:未決済の取引)について、価格変動によって生じる計算上の差損益を毎日計算しています。これを「値洗い」といいます。
値洗いによって得られる損益を「値洗損益金通算額」といい、その求め方は、未決済の個別の取引について「約定値段」と「帳入値段」との差額に「取引単位の倍率」と取引数量を乗じて得られた額について、損益を通算したものです。

値洗いの例

1日目:金の買い取引が約定値段5,000円で2単位成立した
1日目:帳入値段が5,030円であった⇒値洗損益金通算額:6万円
2日目:帳入値段が5,070円であった⇒値洗損益金通算額:14万円
3日目:帳入値段が5,055円であった⇒値洗損益金通算額:11万円

値洗いの例

相場変動により計算上の損金(値洗損金)が発生した場合は、翌営業日の正午までの取引業者が指定する日時までに、現金で預託します。

また、取引業者との取り決めにより、計算上の益金(値洗益金)については、返戻又は証拠金に振り替えることができます。ただし、返戻又は振替は、預託している証拠金額(預り証拠金)の総額に値洗損益金通算額及び売買差損益金を加減し、委託手数料を差し引いた金額が委託者証拠金額を上回っているときの差額に限定されます。

詳細につきましては、日本証券クリアリング機構のウェブサイトをご覧ください。

日本証券クリアリング機構icon-block