かぶオプナビ

株価の下落に備える、かぶ保険

株券保有 + 「プットオプション」の購入することで、保有する株の価格が下落した際の損失を限定的にする戦略です。

  • この戦略については、パンフレット等にて「かぶ保険」として紹介しております。

プットオプションとは、あらかじめ1決められた日(権利行使日)に2決められた価格(権利行使 価格)で対象となる株券を売ることができる権利のことです。オプションの買い手は権利を使うかどうか選ぶことができるため、プットオプションを買っておけば、どんなに株価が下がっても、決めておいた価格で株を売ることができ、突然株価が下落しても安心できます。また、株価が上昇しても、自分の意思で権利を行使することを放棄することもできます。

なお、あらかじめ保険料として支払ったオプション代金は戻ってこないため、その分、株保有のみの場合より利益額は少なくなりますが、損失が限定されているため、ハイリスク・ハイリターンが苦手な人にはぴったりの戦略です。

(例)株を2,900円で1,000株購入し、「かぶ保険」をかける場合

3,000円以下で売りたくない場合、権利行使価格3,000円のプットオプションを150円で10単位購入します。
この場合、最初に払っておく保険料は、

  オプション料150円×オプション10単位×売買単位100株
  =150,000円

そして半年後・・・

株価が2700円まで値下がりしてしまった場合

株保有のみだと、
(2700円-2900円(株購入代金))×1000株
=20万円の損失

保有株式の値下がりリスクに備えておくと、
(3000円(プットオプションの行使価格)-2900円(株購入代金))×1000株-150,000円(オプション料)
=5万円の損失

株価が3200円まで値上がりした場合

3200円で株を売却!
(3200-2900円(株購入代金))×1000株-150,000円(オプション料)
=15万円の利益

損益グラフ

損益グラフ

損益表

損益表

このように、株を持っているだけだと株価下落時は損失がどんどん拡大してしまいますが、かぶ保険をかけておくと損失を一定の額に限定できるのです。