CDS(信用リスク)/CDSインデックス情報

日本証券クリアリング機構では、マークイット・グループ・リミテッド社(以下「マークイット社」)と協力し、Markit iTraxx Japanインデックスに関するデータを本ウェブサイトに日々掲載しております。
この取組みは、当社がマークイット社と協働し、一部の機関投資家等の間において相対で取引されているCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)取引やクレジットインデックス取引について、より多くの方々にも可能な限り分かり易く解説することにより、これらの取引に対する市場利用者の皆さんの理解を深めるための一助となることを目的にして行っております。
また、CDS取引やクレジットインデックス取引について、別途解説セクションを設けており、CDS取引に関する一般的な情報提供やCDS取引決済の標準化への取組みなどを通じてCDS取引市場の透明性確保に努めてまいります。

Markit iTraxx Japan 本日のスプレッド(2017/09/22時点)

インデックス名称 REDコード 期間 スプレッド(bps)
Markit iTraxx Japan シリーズ28 2I668HCB8 5年 46.31
20170922

Markit iTraxx Japanの表記について

スプレッド表記

Markit iTraxx Japanは、投資適格を有する日本国内企業のCDS取引を指標化した、クレジット市場における代表的インデックスです。CDS、およびCDSインデックス取引においては、市場参加者は主に「スプレッド」を用いて価格状況を判断します。「スプレッド」とは、プロテクションを購入するために必要な対価(いわば対象企業に対する「保証料」)であり、通常ベーシス・ポイント(bps)で表記されます(1bpsは0.01%であり、100bpsが1%となります)。対象企業、またはクレジットインデックスに対する信用リスクが大きいほど、「スプレッド」は大きくなります。

Markit REDコード

マークイット社が提供するREDコードは、Reference Entity Databaseの略称で、CDS取引において対象となる企業や国(参照組織)、またクレジットインデックスの各インデックスに付与されている識別コードを指し、CDS及びクレジットインデックス取引の電子決済及び照合等に使用されます。また、REDデータベース内において参照債務(債券、ローン等)の識別コードも提供しており、これにより参照組織と債務との法的関係を確認することも可能です。

期間

期間は取引の年限(満期)を示します。CDS、CDSインデックスにおいては5年物の取引が最も主流ですが、3年物や7年、10年物等の取引も行われています。