市場構造の在り方等の検討

東京証券取引所(以下「東証」という)は、東京証券取引所グループと大阪証券取引所の経営統合により日本取引所グループが発足したことを受けて、2013年7月に現物市場の統合を行っております。

 市場統合にあたっては、上場会社の負担や投資者の混乱が生じることを避けるため、それまでの市場構造を維持することとしました。その結果、現在は、一般投資者向けの市場として、市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQの四つの市場を運営しております。一方、近年では、そうした市場構造や関連する上場制度を巡り、改善すべき点も見受けられます。

 東証にて、市場構造を巡る諸問題やそれを踏まえた今後の在り方等に関する検討を実施したところ、具体的には、1)各市場区分のコンセプトが曖昧であり多くの投資者にとって利便性が低い、2)上場会社の持続的な企業価値向上の動機付けの点で期待される役割を十分に果たせていない、3)投資対象としての機能性と市場代表性を兼ね備えた指数が存在しないなどの課題が指摘されました。

 そこで、東証は、2022年4月4日に現在の四つの市場区分を、プライム市場・スタンダード市場・グロース市場の3つの新しい市場区分へと再編いたします。それぞれの市場コンセプトは、1)プライム市場は、グローバルな投資家との建設的な対話を中心に据えた企業向けの市場、2)スタンダード市場は、公開された市場における投資対象として十分な流動性とガバナンス水準を備えた企業向けの市場、そして、3)グロース市場は、高い成長可能性を有する企業向けの市場です。

 また、これらの市場区分の見直しと併せて、市場第一部の上場会社により構成されているTOPIXについても、市場代表性に加えて投資対象としての機能性の更なる向上を目指して見直しを実施いたします。

 これまでの検討の経緯や現在、意見募集中の制度改正内容などについては以下をご参照ください。

 市場区分の見直しに関する、最新の「よくある質問と回答(FAQ)」については、「上場会社向けナビゲーションシステム」のサイトにおいて随時更新を行っております。以下リンクからご覧ください(上場会社以外の方々も閲覧可能です)。

市場区分の見直しに関する「よくある質問と回答(FAQ)」(随時更新)icon-block

市場構造の在り方等の検討に係る意見募集(論点ペーパー)

2018年12月、東証は、市場構造の在り方等を検討していくうえでの主たる論点となる事項を取りまとめた「市場構造の在り方等の検討に係る意見募集(論点ペーパー)」を公表し、意見募集を行いました(意見募集期間2018年12月21日~2019年1月31日)。

市場構造の在り方等の検討に係る意見募集(論点ペーパー) PDF
関連データ集 PDF
マーケットニュース「「市場構造の在り方等の検討に係る意見募集(論点ペーパー)」の公表及び意見募集の開始について」(2018年12月21日)

市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要

2019年3月、東証は、上記の意見募集やヒアリング等において市場関係者の皆様から頂いたご意見を「市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要」として取りまとめて、公表しました。また、東証にて、頂いたご意見等を踏まえた「現在の市場構造を巡る課題(論点整理)」を取りまとめのうえ、併せて公表しました。2019年5月、この課題や論点の整理に関して、市場関係者の皆様のご理解を深めていただくために、ご意見に関連するデータや東証の考え方を取りまとめのうえ、追加的に公表しています。

市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要 PDF
現在の市場構造を巡る課題(論点整理) PDF
市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要(2019年5月更新版)(※) PDF
補足資料(「市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要(2019年5月更新版)」) PDF
  • 当取引所の考え方を追記
JPXからのお知らせ「「市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要」と「現在の市場構造を巡る課題(論点整理)」の公表について」(2019年3月27日)
JPXからのお知らせ「「市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見の概要」に関連するデータ及び当取引所の考え方の公表について」(2019年5月30日)

新市場区分の概要等について

2020年2月、東証は、2019年12月27日に公表された金融審議会市場ワーキング・グループ「市場構造専門グループ」報告書を受け、「新市場区分の概要等について」を公表いたしました。
 今後の市場区分の見直しに向けて、上場会社、上場準備会社、市場関係者などにおける対応の検討及び準備に資するよう、公表日時点で想定される、新市場区分の概要、新市場区分への移行プロセス及び今後のスケジュールを取りまとめています。

新市場区分の概要等について PDF
(参考)新市場区分の概要等について(サマリー) PDF

「新市場区分の概要等について」に関するよくある質問と回答(FAQ)

2020年3月、東証は「新市場区分の概要等について」の内容等について、上場会社、上場準備会社、市場関係者などの皆様からいただいたご質問を「「新市場区分の概要等について」に関するよくある質問と回答(FAQ)」として取りまとめのうえ、公表いたしました。

※最新の「よくある質問と回答(FAQ)」については、「上場会社向けナビゲーションシステム」のサイトにおいて随時更新を行っております。以下リンクからご覧ください(上場会社以外の方々も閲覧可能です)。

市場区分の見直しに関する「よくある質問と回答(FAQ)」(随時更新)icon-block

資本市場を通じた資金供給機能向上のための上場制度の見直し(市場区分再編に係る第一次制度改正事項)

2020年7月、東証は、「資本市場を通じた資金供給機能向上のための上場制度の見直し(市場区分再編に係る第一次制度改正事項)」を公表し、意見募集を行いました(意見募集期間2020年7月29日~9月11日)。本制度改正の施行日は、2020年11月1日です。
 本改正は、新型コロナウイルス感染症の拡大が企業活動・企業業績に多大な影響を与えている現下の状況を踏まえ、新規上場の円滑化や上場後の中長期的な企業価値向上を促進するための環境整備を、市場区分の再編に係る第一次制度改正事項として速やかに実施するものです。あわせて、財務状況に不安を抱える上場会社の資本政策・経営戦略の柔軟性向上のため、債務超過に係る上場廃止基準の見直しなど所要の制度整備も行います。

資本市場を通じた資金供給機能向上のための上場制度の見直し(市場区分再編に係る第一次制度改正事項)(サマリー) PDF
意見募集(パブリック・コメント)ページはこちら
規則改正新旧対照表のページはこちら

市場区分の見直しに向けた上場制度の整備について(第二次制度改正事項)

2020年12月、東証は、「市場区分の見直しに向けた上場制度の整備について(第二次制度改正事項)」を公表しました。
(意見募集期間2020年12月25日~2021年2月26日)
本改正は、新市場区分への円滑な移行を実現するため、新市場区分の上場基準や新市場区分への移行プロセス等について、所要の制度整備を行うものです。流通株式の定義の見直しについては、以下の参考資料をご覧ください。

(参考)流通株式の定義見直しについて PDF
意見募集(パブリック・コメント)ページはこちら

「市場区分の見直しに向けた上場制度の整備について(第二次制度改正事項)」に関する説明資料等

2021年2月、公表後にお寄せいただいたご質問も踏まえ、第二次制度改正事項の内容を詳しくご説明した「第二次制度改正事項に関するご説明資料」を公表しました。
あわせて、新市場区分への移行に向けた対応を行う上場会社向けに、「コーポレートガバナンス・コードの全原則適用に係る対応について」、「グロース市場における「事業計画及び成長可能性に関する事項」の開示について」を公表しております。

第二次制度改正事項に関するご説明資料 PDF
コーポレートガバナンス・コードの全原則適用に係る対応について(新市場区分において、初めてコーポレートガバナンス・コードの全原則が適用対象となる会社向け) PDF
グロース市場における「事業計画及び成長可能性に関する事項」の開示について(グロース市場をご選択いただく会社向け) PDF

フォローアップ会議の提言を踏まえたコーポレートガバナンス・コードの一部改訂に係る上場制度の見直しについて(市場区分の再編に係る第三次制度改正事項)

2021年4月、東証は、「フォローアップ会議の提言を踏まえたコーポレートガバナンス・コードの一部改訂に係る上場制度の見直しについて(市場区分の再編に係る第三次制度改正事項)を公表しました。
 
 現在、意見募集を行っています(意見募集期間2021年4月7日~2021年5月7日)。
 
 本改正は、金融庁及び当取引所が事務局を務める「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」において、コーポレートガバナンス・コードの改訂が提言されたことを踏まえ、上場制度の見直しを行うものです。あわせて、新市場区分への移行後における上場関係料金についても、その取扱いを定めています。
※なお、上場会社が、新市場区分の市場選択の申請や新市場区分への移行を行うにあたっては、上場審査料や新規上場料の課金は行わない想定です。

市場区分の見直しに向けた今後のスケジュールは以下のとおりです。

(参考)今後のスケジュール
意見募集(パブリック・コメント)ページはこちら

市場構造の在り方等に関する懇談会

2018年10月末、有識者の方を委員とする「市場構造の在り方等に関する懇談会」を設置いたしました。

委員一覧(2018年10月29日現在) PDF

市場構造の在り方等に関する懇談会の審議状況

第1回 (2018年11月28日開催) PDF
第2回 (2018年12月19日開催) PDF
マーケットニュース「市場構造の在り方等に関する懇談会の設置について」(2018年10月29日)

(金融庁)金融審議会「市場構造専門グループ」

2019年4月、金融庁にて、今後の市場構造の在り方について、学識経験者、経済団体、アナリストなど関係各界の有識者から提言を得ることを目的として、金融審議会「市場構造専門グループ」が設置されました。
 現在、市場構造の在り方等の検討については、この金融審議会「市場構造専門グループ」にて議論が行われています。

金融審議会「市場構造専門グループ」の設置(金融庁ウェブサイト)icon-block

開催実績

金融審議会市場ワーキング・グループ「市場構造専門グループ」第6回会合において、これまでの議論の取りまとめが行われ、2019年12月27日に、金融審議会市場ワーキング・グループ 「市場構造専門グループ」報告書が公表されました。また、同日、報告書の公表を受けて、当社の今後の取組みについて、株式会社日本取引所グループの取締役兼代表執行役グループCEOの清田からのコメントとして「市場構造専門グループにおける報告書の公表を受けて」を公表しております。

「金融審議会市場ワーキング・グループ 「市場構造専門グループ」報告書 の公表について」(金融庁ウェブサイト)icon-block
JPXからのお知らせ「市場構造専門グループにおける報告書の公表を受けて」(2019年12月27日)