市場構造の在り方等に関する懇談会

東京証券取引所(以下「東証」という)は、東京証券取引所グループと大阪証券取引所の経営統合により日本取引所グループが発足したことを受けて、2013年7月に現物市場の統合を行っております。市場統合にあたっては、上場会社の負担や投資者の混乱が生じることを避けるため、それまでの市場構造を維持することとしました。その結果、2018年10月時点、一般投資者向けの市場として、市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQの四つの市場を運営しております。近年、そうした市場構造や関連する上場制度を巡り、改善すべき点も見受けられます。そこで、市場構造を巡る諸問題やそれを踏まえた今後の在り方等を検討するため、有識者の方を委員とする「市場構造の在り方等に関する懇談会」を設置しております。

市場構造の在り方等に関する懇談会の委員一覧

委員一覧(2018年10月29日現在) PDF

市場構造の在り方等に関する懇談会の審議状況

第1回 (2018年11月28日開催) PDF
「市場構造の在り方等に関する懇談会の設置について」(2018年10月29日)