とうもろこし先物

商品概要

わが国は、とうもろこしの供給のほぼ全量を輸入に頼っており、その大部分が米国産です。用途の約7割が飼料用、残りが食品用などです。 飼料用は、飼料用とうもろこしの8割以上が配合飼料の原料として養豚用、乳牛用、肉牛用、養鶏用などに使用されています。 食品用は、その7割がコーンスターチに加工された後、ブドウ糖、水飴、異性化糖などの糖化用として、また繊維、紙類の糊料、食品原料などに用いられ、残りの3割はグリッツなどに加工され、蒸留酒、ビールなどの発酵原料になります。またそのままコーンフレーク、ポップコーンなどの菓子類や味噌などの製造原料にも使用されています 。
とうもろこしの価格はアメリカの主要な生産地域であるコーンベルト地帯の作柄に大きく影響されます。輸入品であるため、為替や輸送運賃の変動、転作が可能な大豆、小麦の動向も注意しなければなりません。アメリカ農務省(USDA)から発表される在庫率や輸出量の推移に加え、最近では、原油価格の変動に影響されるバイオエタノール需要にも注意が必要です。
また、目覚ましい経済発展を遂げる中国の動向にも目が離せません。所得の増加で肉の消費が急増していますが、一般的に牛肉1㎏の生産に7kgの飼料が、豚肉1㎏には4㎏、鶏肉1㎏には2kgの飼料が必要と言われており、中国の食生活の変化は飼料用とうもろこしの価格に大きな影響を及ぼしますので、今後の動向に注意が必要です。